AIがラーメン二郎の画像からその店舗割り出すサービス アカウント名は?

各地にある「ラーメン二郎」のラーメン画像を送ると、それがどの店舗のものなのかを識別する、というツイッターアカウントが話題となっている。
一体、なぜ開発に至ったのか。その苦労や反響などについて、J-CASTニュース編集部が開発者に話を聞いた。

■3万枚を超える画像データ
ラーメン二郎は、ボリュームのあるトッピングや、独特の注文方法などで知られ、「ジロリアン」と呼ばれる熱烈なファンがいることでも有名だ。東京・三田の慶応大学そばの店が発祥で、のれん分け店などが各地に広がっている。
そんな各地の二郎ラーメンの画像で店舗名を割り出す、というのが、「jirou_deep」というツイッターのアカウントだ。2017年8月10日に一般公開され、人工知能(AI)のディープラーニングの技術を用いて、送られた画像で店ごとの違いを識別するという。
8月21日、開発者の土井賢治さんに話を聞いた。土井さんは、システム開発に携わる30代の会社員だ。
このアカウントでは、4月時点でのWikipediaの「ラーメン二郎」のページに掲載されていた41店舗についての識別をしている。8月21日現在、3万枚を超える画像データを用いて識別を行い、正答率はおおむね88.0%だという。
実際にアカウントを見てみると、ラーメンの画像を送ってきた人に対して、識別された店舗名、一致度の高いトップ3の店舗など分析結果を送り返している。
一体なぜこのようなものを作ったのか。土井さんは、
「あくまで個人の趣味の範囲内ですが」と前置きしたうえで、
「1つは社内の技術発表イベントで同僚がやっていた、二郎ラーメンの画像の分類に刺激を受けたことです。もう1つは、社内のジロリアンが二郎ラーメンの画像だけで店舗を判別しているのを見たんです。そのときに二郎ラーメンの画像には何らかの判別の手がかりがあると気づきまして、もし識別機を作れたら面白いんじゃないか、と思いました」と話した。
開発の苦労については、
「データの収集と整理ですね。データ収集は17年の4月ごろから始めましたが、ラーメン二郎以外の店のラーメン画像も大量に含まれていたので大変でした。画像を整理している過程で、私も識別できるようになってきました」と語る。識別のポイントについて聞くと、
「ラーメンが載っているテーブルの色は大きな特徴だと思います。あとは肉の様子でしょうか」と明かした。

「いたずらで全く関係ない画像を送り付けられる」ことも 今回のラーメン二郎の店舗識別について、
「ラーメン二郎が愛されているが故のことだとは思いますが、好意的な反響が多いことはこちらとしてもうれしいです」
と語る。一部、いたずらで全く関係ない画像を送り付けられていることについては、
「現在、二郎ラーメンかどうかを判定する『非二郎判定機能』が搭載されていないこともありまして、面白半分で関係ない画像をリプライしてくるのはある程度仕方ないと思います。現状、対策は打てていないですね」と述べる。

参照元:ヤフーニュース
このラーメン写真、どこの「二郎」店? 人工知能が「見分けるポイント」
参照先URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000001-jct-sci

スポンサードリンク

ネットの反応

名無しさん

一見すると下らない技術に思えるけど、これが少しずつ進化すると、動画から怪しい人物を特定出来たり、人間には気付けない違和感を捉えたりと、様々な分野の応用に繋がるんだよね。まぁ、それでも、技術の無駄遣いかな。
名無しさん

少し話題がずれるが、医療界ではCTや病理組織などの画像診断の仕事が近い将来AIに取って代わられるんじゃないかという話がある。何気ないニュースに見えるけど、個人が作ったAIでこんな事が出来るなんて、それこそそんな技術が実現するのも本当にもうすぐそこなんじゃないかと思った。
名無しさん

AI関連などの技術は、医療業界に早く導入できるようになることを切に願います。
最先端医療や判断は人間が行う部分が必要な部分が多いとは思いますが
外科系などのCTやらMRIやらの画像診断があるものなど、効果を発揮するのではないでしょうか
技術が古いまま、何でもかんでもわからないことを認めず
こじつけたような診断を下すようなお医者様から、患者さんは開放されるし、機械にすればかなりコスト削減になるし。
また人手を、より重大な症状の方々につけることできるし。
高齢化で医療費が財政を圧迫しているというのであれば、政府さんにも美味しいはずだけどねぇ。(医療業界が猛反発するだろうけど)
名無しさん

これは、人工知能による画像認知のテストとしては、とても面白い。
否定的なコメントも中にはあるけど、これは運転スマホや歩きスマホのオービスにも応用できたり、工場の生産ラインで不良品の認知処理に応用できる。
技術の発展というのは、「で、これが何なの?」というものの積み重ねだよ。
こういう生データの蓄積で、精度が上がってゆくからな。
それにしても、ニッチでディープなご趣味ですな(笑)
名無しさん

個人的に、機械学習はちょっと遊んでいるが(大メモリのGPUボードがないのでなかなか時間かかっているが)、実用面はおいておいても面白い。
徐々に意図したとおりの出力を返すようになってくるので何かを育成してるような気分になってくる
いまは、有用とか無用とか考えないでいろいろやってみる時期なんじゃないかな? どう使うと効果的でどうつかうとマズイのかはそのうち見えてくるよ
ただ、機械学習した出力結果の著作権はどうなるのかは、どういう扱いになるのかはもう見解をしてみておいて、出来れば法律にも明記したほうがいいと思う
名無しさん

もっとマシな処に
エネルギーを使って欲しい
名無しさん

全然当たらない
名無しさん

AIのID認識技術の向上はかなり期待できると思う。
医療で言えば、症例の見逃しも減るらしいし、防犯カメラにも応用できるからね^^
だたし、最新技術は武器も凶器にもなるから、予防技術も同時に進んでいかないとかな^^
名無しさん

よく投稿サイトで量が少ないだのトッピングが変わったとかの写真が投稿される事が有るけど、その人工知能で本当にその店のものか判別出来れば良いな。
名無しさん

これからはAI技術が来るらしい、ディープラーニングで色々なことが出来るようになるらしい、みたいなことがあちこちで言われてるけど、それをサービスに落とし込んでる事例はまだそんなに多くない。
という中で、発想としてはかなり面白い。
これからAIを使った面白いサービスがたくさん出てきそうな予感がする。
名無しさん

便利なような怖いような。
二郎ってことは一郎や三郎もあるのかな?
名無しさん

記事に直接関係ない話でなんだけど、
この技術を使えば、人の顔写真を送ればその人が善人なのか悪人なのかAIが判別してくれそうだな。
名無しさん

他のラーメンチェーン店には拡大しないのかな?
名無しさん

2回試してみたけどどちらも不正解だった。
学習機能がついていたら正解率も上がると思うけど。
名無しさん

二郎も多いけど、インスパイア二郎も多いからね。
名無しさん

これをクダラナイと片付けてしまう私は凡人。
次の何かにつながると考える人またはつなげようとする人が世の中をまた少し前進させるのだろ。
名無しさん

AVソムリエもAVコンシェルジュもAIに職を奪われる日が近いね。
名無しさん

たまになら食べてもいいと思うけど、そのたまにが怖いんだよな。
名無しさん

テーブルが識別の大きなファクターであれば、“ラーメン”で見分けているとはいえないよね。行き慣れた人なら、それでかなり絞り込めるんじゃないか?
せめてどんぶりまでが許容範囲じゃないかな。
“ラーメン写真”で“見分ける”という言い方には語弊がある。
名無しさん

ジロリアンの半数は糖尿病予備軍だろう。
あの量はハンパない。
あれにハマってたら確実に寿命が減る。
つまり時間の浪費、すなわち人生の大罪。
名無しさん

こういう事の積み重ねで、AIが進化していくんだろうね。
そのうち、自分の目や舌、爪の画像を送ると、AIから「肝機能が低下していますよ。血液診断キットを購入しますか?クリニックを紹介しましょうか?」とか、アドバイスしてくれる簡易診断サービスが生まれたりすると良いな。
名無しさん

本人が食べたことない、は余計だなぁ。
一気にネタになっちゃった。まぁネタだろうけども。
名無しさん

坂上二郎とかも見分けるか?
「見分けます、見分けます」とかやって欲しい。
名無しさん

顔認証みたいな感じなのかしら?
もっと進化すると思います。
そして軍事目的で使われない事を願います。
名無しさん

土井さんそれが如何したの?
名無しさん

AIというか、DeepLearningで識別させてるだけじゃん?
画像は、ほぼ同じ確度からとったような画像がネット探せば集まるし。
と言う、ネタでしかないものをこうやって騒ぐのはいかがなモノか。
名無しさん

坂上二郎と冠二郎の見分けもできるのか?
名無しさん

坂上二郎の画像送ったらどうなるの?
名無しさん

もうジロジロ見なくていいのね(笑)
名無しさん

いまさらジロー
名無しさん

これは人間よりもAIの方が得意だろうね。
名無しさん

少なくとも3人二郎二郎言ってる社員がいるような会社とは関わりたくないなあ・・・。
名無しさん

今さらジロー。
名無しさん

これは面白い。こんな趣味的なスタートから将来便利で必要不可欠なモノに発展する事があるよね。
名無しさん

そのうち手相もAIが見るようになるんかな
名無しさん

ネタ的には面白いけれど、技術的には「車輪の再発明」なんじゃないの
名無しさん

おもしろいことするな~。一見、遊び、たぶん本気で遊びなんだろうけど、こういうのがあとで何かに生きてきたりしてね。
名無しさん

大して話題になってないだろ?
名無しさん

汁なしの大でお願いします。野菜、ニンニク増しで(^^)
名無しさん

植物(花)、鳥、虫。この辺りも開発して欲しいな
名無しさん

スゴイのか無駄なのか、わからん所が面白いw
名無しさん

豚のエサの区別はどうでもいいけど・・・
画像診断は近い将来実用化されるだろう。
名無しさん

しょうもな
名無しさん

最新技術の無駄遣いという贅沢感?(笑)
名無しさん

味で判別するなら驚きだけれども、写真なら天才小学生でもできそう。
名無しさん

野郎ラーメンの画像を送ってみたくなります
名無しさん

人工知能の無駄遣い(笑) でもこういうネタは面白い。
名無しさん

面白い。
こういうのが技術の発展に
繋がるんだろうな。
名無しさん

人工知能が普及したら詐欺も増えるだろうし知識を集結したら1つのロボットで済む
AIは遊び程度のほうがいいね
名無しさん

今の人工知能ってサヴァン症候群の人みたいですね。
特定の尖った分野にだけ異常な力を発揮できるところとか。
名無しさん

Aiなんて言ったって、
コンピュータ自身が意思を持ってるわけじゃなくて、
この時はどう対応するってプログラムされているだけなんだよ。
だから、コンピュータの意思じゃなくて、
プログラマーの意思なんだよ。
結局、人間次第。
名無しさん

ディープラーニングは人工知能の中では最弱。
しかもその次の方式はいまだ実用化できず。
アメリカでは自動運転による死者も出たし、
そのうち日本にも、「人工知能による死亡者」が登場するでしょう。
名無しさん

これからインスパイア系とか、二郎風に拡大してくんだろな。
名無しさん

「ブタ」の質感
名無しさん

凄いとは思うけど、どこの店の豚の餌か判別出来たところで・・・っていうところはあるね。
名無しさん

見分けてどうするの?
名無しさん

2045年までにとっくに人類を超えそう
名無しさん

これ自体は取るに足らないものだけどこういう技術をどんどん取り入れればやがては人間は自分でなにも考えなくなる。
ネットが普及してなにも考えなくなったようにやがては世の中の事象すべてを他人任せにするようになる。
あるSf小説で人類はみんな小型の補聴器のようなものをつけてロボットのようになった未来が描かれていたけどあんな風になる。
やはりAIにはある程度の規制が必要な時。
AIはあくまで簡単な機能のものだけを開発できるようにする。
名無しさん

誰得な機能だけどこういうの好き
名無しさん

フェイク二郎を探せ
名無しさん

こういう下らないことに努力をつぎ込めてなんとかしてしまう才能は日本人が世界一
名無しさん

偽物か本物か見分けられる技術が向上すればブランド品のコピー偽物の自動判別機出来るのでは。
名無しさん

並ばないで食べられるならな
名無しさん

ヤッフーニュースが、こんなネタで埋め尽くされる位平和でおもしろおかしい世の中になったら良いのに
名無しさん

こんなレベルでのAIの報道初めてだね。どーでもいいし、好きなヤツはラーメンサイトで確認しろ。
名無しさん

味覚障害促進の店
名無しさん

本旨とは関係ないけど”二郎ラーメン”ってなんだよ。そんなもんねぇよ。
ラーメン二郎、あるいは二郎だろ。
名無しさん

くだらねえ
名無しさん

多くの要素がアルゴリズムで処理されているのだよ(ドヤ)
名無しさん

開発者は二郎を食べたこと無いのかよ

twitterの反応

スポンサードリンク

同カテゴリ人気記事