静岡で2017年9月に2人逝去 実はマダニは〇〇月まで活発

 静岡県は6日、マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱(こうはんねつ)」に関する危機管理情報を発表した。9月に県東部で5人の感染報告があり、このうち2人が逝去した。11月ごろまでマダニの活動が活発なため、県はレジャーや農作業の際には注意するよう呼び掛けている。

 県疾病対策課によると5人は50~80代の男女で、亡くなったのは沼津市の70代と80代の女性。ほとんどがマダニにかまれた自覚がなく、皮膚や血液の検査で感染が分かったという。

 日本紅斑熱は日本紅斑熱リケッチアという病原体を持つマダニにかまれることで感染する。2~8日の潜伏期間の後、高熱や発疹が現れ、重症化して亡くなる場合がある。県環境衛生科学研究所のマダニの調査では、県東部で病原体を持つマダニが比較的多く見つかっている。過去5年間の県内の患者数(5日時点)は11人で、このうち亡くなったのは4人。居住地はいずれも県東部だった。県は、野山や畑に入る場合は長袖、長ズボンを着用し、虫よけ成分「ディート」が含まれる忌避剤を使用するなど、「防護策を組み合わせてほしい」と求めている。

参照元:ヤフーニュース
マダニ媒介の感染症 静岡県東部で2人亡くなる
参照先URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000009-at_s-l22

スポンサードリンク

ネットの反応


名無しさん

噛まれても自覚がないのが厄介。

名無しさん

感染した5人の内の2人が亡くなるとは怖いですね

名無しさん

山!ってとこだけじゃなくて、薮だったり草むらだったり本当に身近なとこにいるから怖い。子供がいると真冬以外、散歩でも虫除けが離せないなぁ。

名無しさん

本当に怖い。他人事ではない。
熱が出ても病院に行かない事もあるし、血液検査してくれない場合もある。
不倫とかどうでもいいニュースよりこういう身近な危険をもっと取り上げて欲しい。
2017年9/4マダニ注意の会見なのに、まさかのマダニ逃亡

名無しさん

この頃はあまりテレビでも言わなくなったけどヒアリよりマダニのほうが怖い

名無しさん

マダニの感染により、亡くなられた人は高齢者ばかりだが、若い人はいないのか。もし、いなければその理由は何なのかを知りたい。いつも報道されている人はほとんどが高齢者の方ばかりである。若い人は刺されても、高齢者と違う何かが有るのか。それも知りたい。マダニ、マダニと騒いでいるが、仮に高齢者だけが被害に合うのであれば、その理由や原因を知りたい。

名無しさん

長袖・長ズボンは必須ですけど、それでもついてきますからね。。
以前トイレに入ったときに偶然ズボンについてるのを発見して、落として踏みつぶしたんですが、これが何度踏みつぶしても全く死なない。ちょっとした恐怖を覚えました。
外(自然のあるところ)から帰ってきたら、服とか体についてないか、きちんと確認しなきゃいかんですね。。

名無しさん

早く治療薬を開発して欲しいね。

名無しさん

ディートは肌への刺激が強いとかで、
最近ディート不使用の虫除けが増えてきているから、
これを機にまた見直されるかもしれないと思った。

名無しさん

田舎に帰省中のこと。
夜遅く就寝前になって乳房の下辺りが異様にヒリヒリチクチク。母親に見てもらったら、半分皮膚に食い込んでモゾモゾ動く虫。足を引っ張って引き出したが、半分抜けないまま朝まで痛いまま。一番で皮膚科がないので整形外科へ。医師が「ツツガムシだ。先日20ヶ所ほど刺された人が震えるほどの痛みできた」と言い、急ぎ皮膚を少し切って摘出。抗生剤を3日服用したが、虫の胴体がまだ生きていて、ドンドン中に潜り込んでいく怖い虫で死ぬ人もいると聞いた。マダニとどう違うのかも分からないが、役所の広報で周知するべきだと思う。

名無しさん

昭和の頃は月に1回は公園に農薬散布に
業者が来ていた。そのおかげで死者は
出なかった。今は農薬撒いたらクレーム
だらけ。変わりにスズメバチ、セアカコケグモ
ヒアリ、デング熱を持った蚊、そしてマダニ。
公園や山林が危険な場所に変わった。平成は
嫌な世の中だね。昭和は貧乏だけど良かった。(;_;)
毒のあるセアカゴケグモ ヒアリと同じく強い繁殖力 予想を超える範囲に存在

名無しさん

以前、マダニに噛まれた野良猫に噛まれて感染症で亡くなった女性がいましたが、私もうちの猫を野良猫から守ろうとして噛まれたら、そのあと噛まれたところが腫れあがって、高熱で苦しんだ経験があります。噛まれた左腕の脇まで感染して真っ赤になりました。その日のうちに点滴をしてもらいましたが、かなり苦しかったです。

名無しさん

マダニを甘くみてはいけないようですね。

名無しさん

死亡、助かった、で見てはいけない。
脳炎になると多くは後遺症を残す。
マダニ問題はじつは相当に深刻。
40代でも亡くなってます。マダニは草むらにもうじゃうじゃいます。

名無しさん

うちのわんこ、公園の芝生好きだけど、
今年はとにかく芝生も草も近づけないようにした
わんこは公園に行っても芝生とか木とかに近づけなくてちょっと不満そうだけど…

名無しさん

まぁ気をつけて下さい。
因みにノラの犬猫にも着いてる可能性は大いにあります。
つい先日もノラ猫を見つけ可哀想と抱いて頬ずりをしててマダニに噛まれ感染症で亡くなりましたよね。
最近やたらに猫ブームで、こうした事は起こりがちですから捨て猫とかを拾った場合には細心の注意を要すと思った方が良い。

名無しさん

うなじや目の届かない所に付いて自分自身で気付けるのか…
庭の草むしりも今は虫除けが欠かせませんが果たしてそれで効果があるのかも分からないまま気休め程度でも使っています。
ヒアリはまだ目で見えるので対策は少しはあるかもしれないがマダニは小さい内は目視で分かるんですかね?

名無しさん

猛毒のタコも見つかったんでしょう。
数年前の蚊の問題もあったし、
ヒアリも発見されてるし、
なんだか怖いですね。

名無しさん

キャンプに行ってマダニに刺された人がいた。
子どもも気を付けて。

名無しさん

訳の分からない時代になりましたね

名無しさん

マダニに噛まれると結構かゆいので自覚症状がないということは考えにくい
そのかゆみの原因がマダニということがわからないだけだと思う
マダニが食いついている場面を目撃すればわかるが、お試し?で噛みついて移動するマダニもいるようで、かゆみ(と赤い斑)だけが残る場合もある
20回くらいは噛まれた経験者より

名無しさん

ウイルスがだんだん東日本にも広がってきたな

名無しさん

ワイ猟師、恐怖に震える

名無しさん

マダニって厄介者だなぁ。
マダイなら喜んで食べるのに。

名無しさん

マダニから移る感染症はまだ他にもいくつかあるので気をつけましょう。

名無しさん

マダニは野生動物が生息しているところには必ずいるので、自然に入る時には気をつけないと。ディート入りの虫除けはもちろん、ズボンは靴下の中に入れて、帽子もしっかり。マダニはジャンプしてくるから。種類によっても違うけど、刺されてから2、3時間後から感染症になる元のものを入れてくるので私はキャンプに行った際などは3時間ごとくらいにチェックするようにしてる。温かいところが好きらしいので、関節部分とかもちゃんと丁寧に。あと、帽子してても入って来る場合があるので髪の中もしっかり。
刺されても感染症のものを移されたどうかは刺された跡からも分かるようで、ヤバイのがブルズアイ(ダーツの的みたいな感じ)になるもの。それになったら絶対にお医者さんに見てもらったほうがいいし、そうでなくても気になったら診てみらうといい。

名無しさん

子供の行動まで全て制限するわけにもいかんしなぁ。。。
治療法が確立してくれたら、と思う。

名無しさん

オオスズメバチ>マダニ>ヒアリおよびアルゼンチンアリ
凶暴ヒアリの天敵はSFホラー

名無しさん

噛まれてもわからないのは怖いなぁ

名無しさん

イノシシやシカに媒介して人里におりてきて犬や猫にも広がっていくから、そのうち都会部でもひがいがでだすでしょ。
獣害対策をいい加減にやってきたツケやね。

名無しさん

そういえば標本のマダニが逃走したのって見つかったのかな?
致死率の高いマダニは怖い。

名無しさん

犬や猫を飼っている人ならマダニなんかよく目にすると思う。真夏は見ないし真冬もいない秋と春はうじゃうじゃ。

名無しさん

最近は街中に野性動物が出没する事が増えてるけど、マダニを体に付けて連れて来る事もあるから注意が必要ですね

名無しさん

今はもう81歳になってしまった男性だけど、50歳ころ、普通の住宅地だけど、足首にマダニが噛みついていた。線香にに火をつけ、マダニに付けたら外れた。その後、なーんとも無い。
千葉県市原市の住宅地だった。近くに草むらがある。

名無しさん

我が家の次男が8月に自宅で食いつかれました…幸い、次男は痛みに気づき、「お母さん!マダニに足食べられてる!!!」と言われ、半信半疑ですぐにかかりつけの皮膚科に電話をし、即受信して頂きました。足に麻酔を打ち、皮膚ごとメスで切り取りました… 素早い治療で特にその後何もあり二週間は様子を見るように言われ抗生剤を出して頂き、その後特に何もなく…(*^^*)
前日に山に行ったので、その時にマダニを持ち帰ったと思われますが真相は分かりません…
我が家は田舎でもないので、まさか!?と言う感じですが、もし食いつかれたりマダニがいる事に気づいたら引っ張ったりとか何もせずすぐに皮膚科への受診をお薦めします!!

名無しさん

そういえば、最近、ヒアリのことあまり聞かなくなったね。

名無しさん

恐怖の吸血鬼…抵抗力が低下してる時は特に要注意

名無しさん

亡くなってるのは免疫の弱った高齢者ばかりなのであまり騒ぎすぎて不安を煽りすぎるのはよくない

名無しさん

子供を外で遊ばせることが心配になります。
もっと外で遊ばせたいのに。

名無しさん

怖いね。

名無しさん

子供を外で遊ばせることが心配になります。
もっと外で遊ばせたいのに。

名無しさん

怖いね。

名無しさん

マダニや、スズメバチ。
この所、自然界の脅威を感じる事故が多いね。
お悔やみ申しあげます

名無しさん

昔からいたと思いますが最近出てきたんですかね?ウイルスが新たに出てきたのでしょうか?小さいだけに怖いですね。山や草むらに入るときは長袖長ズボンにしよう

名無しさん

どこまで調査・研究が進んでいるのか知りたいですね
昔からあったのか、急激に増えたのか、増えたのなら何が原因なのか
しっかりやって頂きたい

名無しさん

でも、防ぎようがないから噛まれたら運が悪かったと諦めるしかないな。

名無しさん

単純に感染者の40%亡くなった訳でしょ?
噛まれたかどうかわからないのにこの致死率、ヒアリといい小柄な凶悪生物ほど恐ろしいものはないな

名無しさん

完全に地元なんですけど。
自分もだけど、子どもに虫よけ、まだちゃんと使わないと・・・。
もう買ってこないとなかったかも。

名無しさん

マダニとスズメバチはヒアリどころではない
確実に死者が毎年出ている
ヒアリによる死者は少ないが
日本に定着しているマダニとスズメバチは要注意だ

名無しさん

マダニ、怖い

名無しさん

8月に噛まれた。今、生きてるから大丈夫だろう。

名無しさん

草抜きすら出来ない。

名無しさん

ディートの重い副作用も書きましょう。

名無しさん

夏の北海道旅行でですが青い池って場所でマダニが足につきました、自力で取るのは危険らしいので即皮膚科に行きました、短パンなどで自然豊かなとこは虫除けスプレー必須です。

名無しさん

怖いですね。

名無しさん

世界的に見ても、蚊やダニによって媒介される感染症でなくなる人ってすごく多いよね・・短パンで山に入ったりするのは、かなり危険。

名無しさん

亡くなるのは、ほとんどが50代以降である。
本当は感染していて気が付かないだけの可能性もあるが、10代20代はそもそも感染者数がとにかく少ない。
若者が引きこもっているだけだろうか。

名無しさん

昔はマダニいなかったのだろうか。今になって騒がれてるが。

名無しさん

何度もやられてるが、何ヶ月もかゆい。やっかいだ。

名無しさん

死亡率40パーセントか、相当怖いな。

名無しさん

芝生に寝転がって空を見る…
なんて出来なくなった。

名無しさん

昔からあるのでしょ

名無しさん

庭の草取りで感染例がある。

名無しさん

怖過ぎる

名無しさん

発症したら致死率は確かに高い。ただし感染した人のうち発症する人は10万人に一人以下。発症した人、亡くなられたかたはすべて高齢者。成人小児はゼロ。正確な報道をお願いします。

名無しさん

日本紅斑熱の致死率はそんなに高くなくて、全体では1%程度です。入院しなくても済むくらい軽症の人もいる。高齢者とはいえ、5人中2人も亡くなるのは多いと思います。

名無しさん

子供の頃毎日の様に虫取でヤブん中入り込んでたけどなあ。。

名無しさん

最近増えたのは、野生動物が近隣に出没してダニを運んでいるらしい。 過疎化が増えて、田舎は危険だらけになってしまうのは悲しい。

スポンサードリンク

同カテゴリ人気記事