ソニーの肩のせスピーカーSRS-WS1

今回レポートする製品はオーディオ用スピーカーだ。ソニーのウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」である。スマート家電に体当たりする連載なのに、インターネットにつなげることはできないし、モバイルアプリと連携して使うような製品でもない。なぜこの製品を取り上げるのか。それは本機が次世代のスマート家電として大きな可能性を秘めているように思うからだ。

●身に着けるタイプのワイヤレススピーカーが登場

まずはSRS-WS1がどんな製品なのか解説しよう。本機は基本的にワイヤレススピーカーなのだが、Bluetoothや一般的なWi-Fi通信によってスマホやタブレットにつなぐことはできない。2.4GHz帯を使うデジタルワイヤレス接続によって、専用のトランスミッター(送信機)と1対1で、あるいは最大2台同時にスピーカーを1台のトランスミッターにつないで、光デジタル接続ができるテレビや、アナログ音声出力でゲーム機やビデオプレーヤーなどにつないで、ソース器機のサウンドに迫力を加えて楽しめるというデジタルギアだ。

本体の大きさは装着した筆者の写真を見て想像してほしい。重さは約320g。本体には約7時間連続で駆動するバッテリーを内蔵する。USBケーブル直挿しか、専用のスタンドに置いて約3時間でフル充電になる。

身に着けると背中と肩、鎖骨のラインに沿って首もとにフィットするので重さは適度に分散されるぶんあまり負担に感じない。内側に柔らかいクッションも設けているので装着感は悪くないと思うのだが、家人は30分ほど身に着けていたら肩が凝るといやがって外してしまった。女性向けにもう少しコンパクトなモデルもあると歓迎されるかもしれない。

●低域の音声信号を受けると本体が震える

本体の左右それぞれに30mm口径のフルレンジスピーカーを1基ずつと、低音を増強するパッシブラジエーターを搭載している。身に着けた状態で耳の側を向いたスリットの隙間から力強い音が放出される。さらに70~80Hz以下の低音を再生したときには、本体がブルッと震えるバイブレーション機能を搭載。映画やゲームのアクションシーンを派手に盛り上げてくれるのだ。本体のボタンをクリックすると低音の出方を強、中、弱の3段階で設定できる。音のバランスは“中”の状態で最適化されていて、“強”にすると振動がアップ、“弱”ではほぼバイブが感じられないぐらいにカットされる。

ソニーがデジタル方式のワイヤレス・サラウンドヘッドフォンやウォークマンなどに採用してきた「VPT」(Virtualphones Technology)のようなバーチャルサラウンド機能は一切搭載してないのに、身に着けて音を鳴らすと豊かな広がりが感じられるのは、ソニー独自のスピーカー設計技術のノウハウが生きているからだ。ボリュームを上げていくと、装着している本人だけでなく周りにいる人まで音を聞き取れるぐらいパワーも出せる。イヤフォンやヘッドフォンのように周囲に音が漏れないよう、気をつかいながらプライベートリスニングを楽しむためのデバイスとはまた立ち位置が少し異なっているが、音楽を体で感じられるスピーカーの本質的な魅力を手軽に味わえるという意味で興味深い製品だと思う。

●リビングにあるテレビの音が、キッチンでもきこえるぞ!

実機を借りて、まずリビングのテレビに接続して使ってみた。確かに驚くほどテレビの音がよく聞こえる! これは快適だ。ニュースやバラエティ番組は画面から目を離しながら野菜をきざんだり、鍋をかき回しながら音だけで聴いても番組の展開がフォローできる。料理をがんばっている人が、ほかの家族との会話から1人だけはぐれてしまう悲しみとも、もうさよならだ。

筆者は本機のようなワイヤレススピーカーをずっと心待ちにしていたように思う。というのも、キッチンに立って料理や皿洗いをしていると、周囲の音にかき消されてテレビの音や音楽が全然きこえなくなるのがストレスに感じられて仕方がなかったからだ。ソニーの“お手元テレビスピーカー”「SRS-LSR100」も試してみたことはあるのだが、結局スピーカーをかなり近づけるか、ボリュームを上げないことには音は聞こえづらいままだった。目の前にあるシンクに、蛇口から注がれる水がたたきつけられて響く音の方が大きいからだ。ワイヤレスヘッドフォンやイヤフォンを使う手も考えたが、今度はまわりの音がきこえづらくなって危なく感じられることもある。“身に着ける開放型のスピーカー”は今のところキッチンで最強のソリューションだと思う。

●確かに感じるバイブレーション! ゲームが何倍も楽しくなった

ただ、普通のテレビ番組だと本機のもう1つの魅力であるバイブレーションを体で感じてエキサイトする機会はそう頻繁には訪れない。そこでPSPと、スピーカーのパッケージに同梱されているUSB-アナログオーディオ変換ケーブルを使って接続してバトルゲームをプレイしてみた。ボタンをクリックして設定を中、または強にすると振動がガンガン伝わってくる! これは刺激的だ。

サウンドが充実するだけで、ふだん遊んでいるゲームの迫力が何倍にも増して感じられる。最近はスマホやタブレットでゲームを楽しむ機会も増えているので、有線接続だけでなくBluetoothでもモバイル端末とワイヤレス接続ができればもっとうれしかった。筆者が本機に不満を感じる点があるとすれば、1つはこれ。もう1つはキッチンなど水場でも安心して使えるように防水仕様になってほしいと思った。

●海外では肩乗せスピーカーがブーム? これは新しいスマートスピーカーの原型か?

実はこの肩乗せタイプのウェアラブルスピーカーは、いまソニーだけでなく海外のオーディオブランドが次々と参戦して、にわかに注目を集めはじめているのだ。JBLは今年1月に開催されたCESに続いて、9月にIFAでも首掛けタイプの「JBL Soundgear」を展示。体験ブースが熱く盛り上がっていた。ボーズも先日米国で新製品「SoundWear Companion speaker」を発表したばかりである。

ちなみにJBL、ボーズのスピーカーはともにBluetoothでスマホにペアリングして、オーディオコンテンツの再生だけでなく内蔵マイクでハンズフリー通話にも使える。世間ではAIアシスタントを搭載して音声コマンドで操作できる「スマートスピーカー」がブレイク寸前と言われているが、このウェアラブルスピーカーはAIアシスタントとの相性が実はとても良く、新しいスマートスピーカーの原型にもなり得るのではないだろうか?

AIアシスタントを搭載する据え置き型のスマートスピーカーは、見通しのよい環境なら10mぐらい離れていてもユーザーのボイスコマンドを正しく認識するとされているが、デバイスとの距離が近いほどユーザーは声を張り上げる必要がないだろうし、コマンドの認識精度も高まるように思う。

このスタイルをさらに進化させるなら、AIアシスタントとスピーカーを耳の中に入れてしまえばよいということにもなりそうだが、ヘッドフォンやイヤフォンは遮音性が高すぎるので、キッチンでお湯が沸いた時などに反応が鈍くなるのが心配だ。ハウジングがオープン型のイヤフォンまたはヘッドフォンが理想型と考えるなら、ソニーモバイルが開発を進めている「Xperia Open-style CONCEPT」がそれに一番近い製品になるかもしれない。IFA2017では本体のデザインやソフトウェアの完成度がさらに上がっていたので、正式に商品としてアナウンスされる日が待ち遠しいくなってきた。本機はLINEのAIアシスタント「Clova」(クローバ)との連携についてもパートナー展開が検討されているみたいなので、これからの展開も追いかけたい。

話題を元に戻そう。今回取材したソニーのウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」は、キッチンでのコンテンツ視聴や、ゲームに映画などテレビで楽しむエンターテインメント体験の品質を手軽に向上してくれる即戦力として、活躍を期待していい注目製品だ。そして近い将来には本機の技術をベースにした革新的なスマートスピーカーも現れるような気がしてならない。
参照元:ヤフーニュース
ソニーの“肩のせスピーカー”「SRS-WS1」を装備してみた――これは次世代のスマートスピーカーか?
参照先URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000012-zdn_lp-prod

スポンサードリンク

ネットの反応

名無しさん

補聴器代わりに使えたら、年配の人喜ぶのにね。
名無しさん

テレビやゲームの時いいかも。使い道がたくさんあるから、需要はあると思う。
ドラクエXI PS4と3DSあなたはどっち派?
名無しさん

おもしろそうだけど、用途はゲーム、映画視聴くらいなのかな。
名無しさん

寝転べないのが最大の欠点かな。
名無しさん

耳は遠いけど、補聴器までは要らないかな?っていう高齢者に良さそうですが、その辺はどうなのかな?
名無しさん

これすごい気になってました。(欲しい!と言う意味ではなく)
SONY大好き人間からすると、「これ、どうなの…」って不思議に思う反面、こういったちょっと不思議なものを出してくれるSONYがまた大好きで仕方ありません。
これは買いませんが、これを受けてまた違うものが出てくるんじゃないかな、と思うと楽しみです。
でも、記事の中にあった、台所での使用は考えていなかったので、そこはすごい魅力的…意外といいかも…。
今の所はグラスサウンドスピーカーが欲しいです!
名無しさん

夜中とかテレビの音をあまり大きくしたくないから、こういうのずっと欲しいと思ってた。今は手元に置くスピーカーを使ってるけど、こっちの方が聞き取りやすそうでいいね。
名無しさん

ほしい。テレビの音は、広がって目の前の本人にはそれほど聞こえない。ベッドで一人でテレビを見る時にいいと思うし、セリフの通りづらい役者の声も聞こえそう。
名無しさん

今価格をチェックしたら、二万円台半ば。 一般への普及を考えると、微妙な感じがするけどね。
名無しさん

なぜbluetoothじゃないの?
キッチンで電子レンジ使うから?
せめて両方式対応にしてほしい。
名無しさん

5.1chサラウンドシステムとか使わないで
映画やドラマの声がハッキリ聞こえる様にしてくれるスピーカーを出して欲しい
特にDVDで映画見ると何言ってるか分からん時が多々あるのが困る
名無しさん

音楽を聴くため、テレビを見るためだけに
時間を費やすことは殆どないが
家事や作業をしながら、音は欲しい
家の中でまでipod使う気にはなれないので
家中にテレビとスピーカーを置いて
オーディオは一カ所から繋げているけど
いちいちonoffも面倒だし
いない部屋にまで音楽かけてるのは
何となく勿体ない気がしていたし
こういうスピーカーがあると助かる
もうちょっとデザイン性と
軽量化を考えてくれるといい
あと。掃除機かけてると何も聞こえないので
雑音を遮断しながら、音楽を届けてくれると嬉しい
名無しさん

最近ラジカセ担いでる人見ないなぁ…と、思った。
名無しさん

電車の車内で使ったらオシャレかな?ちょっと目立つかも(^o^)
名無しさん

外で聞くと周りの迷惑になりかねないのでは?
名無しさん

リクライニングシートのヘッドレスト付近で耳元にだけ聞こえる内臓スピーカが有ったけどその簡易版みたいな感じでチョット欲しいかも
名無しさん

面白い製品であることにも、そして強気の値段設定にもw、いい意味でも悪い意味でも往年のソニーらしさを感じ取ることできますね
ソニーが戻ってきたようでうれしいです。ソニーモバイルも次世代XperiaXZシリーズでサムスンの有機ELディスプレイを使うのではなくJDIの開発した先進ベゼルレス液晶ディスプレイを採用してくれるとうれしいのですが。
名無しさん

5.1chサラウンドの映画を体感できるやつお願いします。
名無しさん

バイブレーション、振動が良くない。特定の人にしか売れないと思うが。
名無しさん

良さそうなんだけど、肩こりの自分には使えないなー
名無しさん

確かにこの商品は色々な可能性を秘めていますよね。
ただ、可能性のままで終わってしまうのもSONYの伝統なんですよね…
名無しさん

バッテリーの発熱や爆発事故が多発してる昨今、ウェアラブルはどうしてもその機器を業務上装備しないといけないような場面でない限り一般人が安易に使うべきじゃないと思う。
名無しさん

気になって検索したら他のコラムで「振動は弱、中、強とあり、オフにはできない」と書いてありました、、、本当でしょうか、、、ブルブルしっぱなしは嫌なので後継機種で改良されたら買うかもしれない
名無しさん

肩こりをほぐしてくれる機能があれば買う

 

名無しさん

ソニーには頑張ってほしい。
自分は買わないと思うけど。
肩こりに効くかな?
シャープ – 8K液晶TVに
名無しさん

テレビ離れて見る時良いですね。音量も大きくしなくて音が漏れなくて近所迷惑にならなくて済みます。
どうしてもヘッドホンやイヤホンだと周りの音もかき消されて気づかない事もある為、これなら安心して視聴することが出来ます。
名無しさん

結局めんどくさくなって使わなくなるやつだ
名無しさん

SONY大好き応援してます。
名無しさん

お風呂で使えるなら良いかも
名無しさん

装着した時の姿勢による安定感とか、どうなのかな?
直立が要求されるなら、使用シーンも限定される?
今のところ、ワイヤレスイヤホンの方が良さそうだけど・・・・
名無しさん

自転車で使えそう。
名無しさん

重くて肩がこる?
ならばいっそ肩こり用マッサージ機能
を付けてしまうのはどうでしょうか
名無しさん

まだ価格も高く完成度が高そうに思えないが
この製品は面白いと思う
SONYは以前ニアフィールドヘッドフォン?
と呼ばれるヘッドフォンを出してたけど
その製品での経験が生きてると感じるので
このシリーズは永く作り続けてほしい
数年前にSONYはParty-shotと呼ばれる
デジカメの自動撮影クレイドルを生み出したが
売れなかったからか2世代で直ぐに止めてしまった
あの製品をスマホで使えるようにすれば
新たな機能を盛り込めて更に煮詰められるので
直ぐに諦めないで続けてほしい
名無しさん

揉み・ほぐし機能、温め機能、低周波マッサージ機能を付けてくれたら買います。
名無しさん

好きな音楽に合わせてもんでほしい!
名無しさん

同じことを思った
名無しさん

アハハ、それイイかも?
名無しさん

キッチンに立つ時間が奥さんより長そう、ってこと?
名無しさん

マクロスのサウンドブースターみたいなのだったら面白いな、
と思ったがさすがにそんなことはなかった。
当たり前だけど自分で聴くための物なのね(汗
名無しさん

マッサージ器と兼ねて欲しい。
名無しさん

確かコードレスじゃなかったけど、(サイクリング時に)自転車に乗っている時に身体に付けるスピーカーが有った。
ヘッドホン、イヤホンだったら、警察官に止められるから。
名無しさん

有線で安く作って欲しいなー
うちの爺さん向けに。簡単に使えるように
名無しさん

使わないときに出来るだけ邪魔にならない工夫をして欲しいね。
名無しさん

肩は凝らないのかなあ。どうせなら肩もみ機能もお願いします。
名無しさん

ちょっとほしくなった
名無しさん

ソニーらしいね。
興味本意で買ってしまいそう。
名無しさん

2画面映せるTVとかで、それぞれの音声が聞こえるならいいかも。
それ以外では首と肩がこりそうでどうもとっつきにくい。
名無しさん

発想は面白いしほしいと思ったけど
ホームシアター向けのような価格で高いよ?!
ソニーはいつも思うけど、裾野を広げるって事をしないよね
市場を育ってるってことをしない、だから他にパクられてかっさらわれるんだよ
名無しさん

これで肩のマッサージ機能とか付いてたら最高だなあ。でも音が不安定になるか。
名無しさん

bluetoothをケチったのは上位モデルで一万円くらい上乗せするため?
なぜ最初から全力を出さないのか
名無しさん

既存のヘッドホンもウェアラブルスピーカーなような(笑)
ずっしり重いほうが肩こりに良さそう。
名無しさん

次世代肩こりスピーカー
名無しさん

音楽は聞きたいけどイヤホンやヘッドホンでは遮音しすぎる場面は
小さな子供がいるとまさにそうです
昼でも夜でも急な嘔吐とかは絶対ないとは言えないので
遮音性の高い製品では異変に気付けないから使ってません
そういう意味では誰かを介護している家の場合も同じかも
今回のものを買うって訳じゃないけど身に着ける開放型のスピーカー
というのは一定の需要はあるはず
名無しさん

猫やフェレットの形になってたりしたらいいなぁ…笑
名無しさん

PSVRで使ってみたいけど、高い…。
名無しさん

これなら自転車に乗りながら聴けるとおもったけど
無理みたいだね。残念
名無しさん

プレステ時代に、こういうのあったなあ。
で、買ったなあ(笑)
たいしたことなかったけどね。
名無しさん

4DXチェアはまだか?
名無しさん

これいいね。
ソニーって目の付け所が流石と思うわ。
名無しさん

昔SONYから出てた、同じような肩のせスピーカー使ってたよ。
ゲームとか映画見てて、低温が肩に響いて、迫力もあった。いい感じの製品だった。
でも、有線だったから線が邪魔でね…結構重かった。長時間やってると肩が凝るんだよね。
ワイヤレスで軽量になったなら、買ってみてもいいかもな。
名無しさん

いいけどでかいね。
名無しさん

これなら自転車乗りながら聞いてもOKかな?
名無しさん

でっかいスピーカーを肩に乗せているのを想像してしまった。
違うのか。残念。
名無しさん

Bluetoothに対応していたら良かったのになあ。
名無しさん

昔ステレオ担いでるお兄ちゃんがいたね。
名無しさん

スピーカーだけじゃなく追加で肩マッサージもお願いします!
名無しさん

昭和の時代ラジカセを肩に乗せてる人を思い出した
名無しさん

コード付きなら15年前の持ってるが、流石に紐付きは辛くて一週で放ったw
名無しさん

外出時に使う奴がいると迷惑する。今でも電車内でセンスの悪い音楽をかけて悦に入ってるのかいるのに。
名無しさん

原音再生が遠のいていく。
名無しさん

2万5千円以上かかるから、手が出せないのでは。
キッチンで家事しながらテレビを聞く人って、家の広い方、主婦の方、ゲーマとか、限られた層じゃないかな。
名無しさん

自分以外の人には聞こえないのもし聞こえたら騒音問題になるよ
名無しさん

ヘッドフォンではなく、あくまでもスピーカーな
わけですね。面白い。
名無しさん

部屋でうるさくできない(マンションとか)だけどイヤホンはしんどいし、ヘッドホンは蒸れるし重いしで嫌だっていう人に需要ありそう。僕は欲しい!

twitterの反応

ソニーの“肩のせスピーカー”「SRS-WS1」を装備してみた――これは次世代のスマートスピーカーか? https://t.co/gccnZ3A0YL pic.twitter.com/bqyS6jT8gy

— ITmedia LifeStyle (@itm_lifestyle) September 27, 2017

スポンサードリンク

同カテゴリ人気記事