ディズニーで超VIP待遇されるカード 毎年〇万で?

 2017年5月12日、東京ディズニーシーの新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープンした。魚サイズに縮むことができる潜水艇「シーライダー」に乗って、海底の世界を冒険する、という趣向のアトラクションだ。

 ディズニー好きであれば、早く体験してみたいところだが、気になるのはその待ち時間だ。筆者が訪れた6月某日の土曜日は、午前10時半過ぎの時点で待ち時間は120分。これからの季節、炎天下の中で長時間待つのは、とくに小さな子どもを連れている場合一苦労だ。

■JCBザ・クラス所持者が受けられる魅惑の特典

 ただ、あるカードを持っていれば話は別だ。
「JCBザ・クラス」を持っていれば、会員特典として、アトラクション室内のラウンジで休憩し、優先的にアトラクションに乗れるという、超VIPな待遇を受けられることをご存じだろうか。

東京ディズニーシーのHPにアクセスし、アトラクションの一覧から、「ニモ&フレンズ・シーライダー」を選択してみてほしい。このページの右側には、ファストパスの情報や、対象年齢、身長制限などが書かれている。その下に「提供:JCB」とあることを確認できるはずだ。

 ディズニーリゾートに限らず、ほとんどのテーマパークでは、多くのアトラクションにスポンサーが付いており、そのスポンサーによってアトラクションが提供されている。「ニモ」の場合は、クレジットカード会社、JCBがスポンサーというわけだ。そして、このスポンサーが、JCBザ・クラスの会員だけに用意している特典こそが、アトラクション利用前のラウンジ利用と、アトラクションへの優先搭乗というわけだ。

 なお、JCBは東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のスポンサーでもあり、ここでも同様の特典を受けることができる。

 では、具体的にどのようなVIP待遇が受けられるのだろうか。筆者が実際に体験してみたので、ルポをお届けしたい。

 「ニモ&フレンズ・シーライダー」の建物に行くと、予想どおり長蛇の列ができていた。前述のように、10時半過ぎの時点で待ち時間は120分。ただ、今回この列に並ぶ必要はない。「EXIT ONLY」と書かれたアトラクション出口のあたりにいたスタッフに声をかけると、出口から逆流する形で特別に中に入れてもらうことができた。

 そこからスタッフ専用入り口に案内され、自動ドアの前で「JCBラウンジご招待券」と「JCBザ・クラス」の提示を求められた。スタッフがそれを確認し、エレベーターに案内されて4階に上がれば、ラウンジに到着だ。

 建物の外観(トップ画像)と室内の写真を照らし合わせると想像がつくかもしれないが、建物のドーム型の部分がラウンジ部となる。ぐるりと設置された窓に沿ってソファーが3席。5組程度は同時に利用できそうだ。

 ただ、後述のように利用は予約制のため、ほかの家族とバッティングすることはほとんどない。また、窓はマジックミラーになっているため、外から中の様子が見えることはない。
エレベーター前の広いスペースには、ディズニーのDVDが常時流れ、ぬいぐるみもたくさんあるため、子どもはそこで遊ぶことができる。大人はというと、ソファーに座ってゆっくり休憩することが可能だ。ラウンジ内では、コーヒーや紅茶、オレンジジュース、カルピスなどといったソフトドリンクが飲み放題なのもうれしいポイント。

■長蛇の列の「先頭」に案内される

 10~20分程度休憩すると、ラウンジスタッフから「あと5分程度でアトラクションに案内します」と伝えられる。アトラクションへの優先案内こそが、ラウンジ利用者の最大のメリットと言える。

ラウンジからエレベーターで1階に移動すると、そこはまだ誰も入場していない空間。時間になると、たくさんのアトラクション利用者がどっと入ってくるが、その先頭に並ぶことになる。このアトラクションは、待ち時間を短縮できる「ファストパス」を取ることができるが、JCBザ・クラスを持っていればその必要すらないというわけだ。こうして、筆者は非常に快適に、人気アトラクションを楽しむことができた。

 さて、気になるのはどうやって「JCBラウンジご招待券」を入手するかだろう。そもそも、この特典を受けられる「JCBザ・クラス」とは、JCBのプラチナカードともブラックカードとも言われるクレジットカードのこと。招待制なので、手に入れるためには以下の手順を踏む必要がある。

 JCBオリジナルシリーズの年会費1万円(税抜)のJCBゴールドカードを、2年間で毎年100万円以上連続利用すると、「JCBゴールド ザ・プレミア」のインビテーションが届く。年会費は5000円(税抜)上乗せとなり、1万5000円(税抜)だ。

 このザ・プレミアを更に使い続けていると、JCBザ・クラスのインビテーションが送られてくる。年会費は一気に5万円(税抜)までアップするが、毎年2万円程度のカタログギフト「メンバーズセレクション」も送られてくるため、実質年会費は3万円程度となるだろう。
JCBザ・クラスを入手したら、JCBカードデスクに電話で「JCBラウンジご利用券」を請求しよう。

 ラウンジチケットは、請求してから1週間程度で郵送されてくる。その後、チケットに記載されている電話番号に直接電話し、利用日時を予約することになる。1枚につき4人までの利用と明記されているが、実際には5人以上でも受け付けてくれるため、2世帯、3世帯でラウンジを利用することも可能だ。

 ザ・クラスの特典として利用できるテーマパークは、東京ディズニーリゾートのラウンジのみならず、ユニバーサルスタジオジャパンの人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」内ラウンジの利用券も請求可能だ。

 USJのJCBラウンジの場合、この特典を受けられるカードの種類が増える。JCBザ・クラス以外でも、JCBブランドのプラチナカードで利用可能なのだ。個人カードの場合は、「プラチナローズカードJCB」(年会費2万5000円+税)、「楽天ブラックカード(JCB)」(年会費3万円+税)、「セディナプラチナカード(JCB)」(年会費3万円+税)、「JAL・JCBカード プラチナ」(年会費3万1000円+税)、「ANA JCBカード プレミアム」(年会費7万円+税)が対象となる。ただし、楽天ブラックカードとセディナプラチナカードは招待制となっている。

■1年間でディズニー1回、USJ1回のみ利用できる

 もっとも、いつでも無制限に利用できるわけではないのでご注意を。JCBラウンジご利用券の請求可能期間は、4月から翌3月までの1年間。請求日から1年間の有効期限内で、東京ディズニーリゾートとUSJで、それぞれ1回ずつしか請求することができないのだ。

テーマパークでのVIP待遇を特典にしているのは、JCBだけではない。「サンリオピューロランド」では、セディナプラチナカードを保有していれば、結婚式などでしか使用できない「館のレストラン」のVIPルームを利用することが可能だ。

 こちらもセディナプラチナカードデスクで事前予約をしてから、4月から翌3月までに1回の利用が可能になる。さらに、人気キャラクターが会いに来てくれる特典や、パレードの優先席が用意される特典もある。

 以上のプラチナカードを保有するためには、いずれも2万円から5万円の年会費を支払う必要がある。入会するにはかなり勇気がいる金額だ。魅惑の特典と高い年会費をてんびんにかけて、入会を目指すべきかどうかを決めてみるといいだろう。

参照元:ヤフーニュース
ディズニーで超VIP待遇されるカードの正体
参照先URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170701-00178246-toyo-bus_all

スポンサードリンク

評判

名無しさん

結局、一般庶民は作れないカードですね
名無しさん

>1年間でディズニー1回、USJ1回のみ利用できる
うーんセコい!
これだけ高い会員なのにいつでもVIPじゃない&アトラクションによって使えないところがあるとか問題だらけ。
ディズニーリゾートの全てのアトラクションがVIP待遇になるクレカが出るのはいつなのかね?
アメリカン・エキスプレスか?
名無しさん

海外では全く使えないJCBそのものにステータスを感じない
名無しさん

適正利用で年間利用額が稼げれば
インビテーションが届くと言うのも聞くけど、
属性も見てるのでは?
俺のような三流自営業じゃプラチナなんて無理。
精々楽天、エポス。そんな俺は楽天カードと
ヤフーカードでポイント貰って潔く喜んでおきます。。。
名無しさん

クラブ33の方が魅力的でしょ。
待てば乗れるアトラクション<<<<<もってなきゃ入れない隠し部屋
名無しさん

「超」がつくほどのVIP待遇でもないと思うんですけど。普通のVIP待遇じゃない?
名無しさん

毎年100万なら普段の支払いをできるだけこのカードにすればいけると思うなぁ
あとは年会費とこのサービスを天秤にかけてどっちをとるか、か。好きな人はやるんだろうな。
ここまでしてこのサービスをうけようとは思わないけどそのラウンジは少し見てみたいな
名無しさん

13年前まで、父がアメのプラチナを持っていたが、アメで航空機の正規料金?で1人分買うと、もう一人が無料かつクラスをアップグレードしてくれたので6年間ほど使っていたが、海外に行くことも減ったから解約しようかと考えていたら、その上の黒いカードが送られてきた。内容は「分不相応」のひと言。結局アメックスは解約。笑い話に黒カードセットは保存してあるが、当時高校生の分際でプラの家族カードを持っていた私が言うことではないが、自分の暮らしに合ったカードを持っていれば良いと言うことかと思います。
名無しさん

5万とか13万が高いと思う時点でそのカードはふさわしくないね。
名無しさん

年3万なら月3000円、
携帯で格安スマホ使わずキャリア使うとこれくらい高いね。
節約しようかどうか悩む必要がない人がもつカードなんだろうね
名無しさん

このカードの特典はこんなもんじゃ無いと思うが、それにしても年に一回はショボすぎる。
名無しさん

買い物を一枚のカードに限定して、公共料金の支払いもまとめれば年間100万円のハードルは高くないが、年会費がネック。
OL時代にカッコつけてアメックスのカードを持っていたが、当時の年会費1万円がバカバカしくなって3年くらいで解約した。
名無しさん

ラウンジ目的でカードが欲しくても、作るのに数年。その頃には大人気アトラクションでは無くなるから、結局わざわざ作るカードではないね。そんなカード持ってる金持ちは混んでる週末には行かなそうだし。
名無しさん

今から15年ほど前、まだスプラッシュマウンテンのスポンサーが日産自動車だった頃に、同様のラウンジを利用したことがある。
家庭で日産車を数台保有してて、ディーラーの営業マンにTDLに遊びに行くという話をしたら、時間に余裕があったので、ラウンジの予約を手配をしてくれた。
待ち時間はエアコンの効いたソファーで、冷たい物を飲みながら過ごせ、時間になると待ってる列の先頭に入れた。
今では日産自動車はスポンサーを降りたので無理だけど、スポンサー企業と取引があれば、また交渉して可能なら利用してみたいですね。
名無しさん

クラスの広告記事やないっすか
名無しさん

プレミアムカードはバブル時代のゴールドカードのイメージに比べて敷居が低くなった。
電気ガス水道、テレビの受信料だの家族全員ぶんの携帯電話代、車の保険や生命保険代も全部1つのカードに支払いをまとめると一般人でもそれくらいの支払いは超える。
・本当は年パス欲しいくらいだけどさすがにそこまではできない。しかし年に一度くらい家族でディズニーに遊びにいく
・年末年始だけとはいえ実家に飛行機で帰省する
くらいの、普段質素に生活してイベントのときだけは豪華に過ごすっていう使い方してる家庭ならプラスアルファの年会費で特典がつくカードは悪くないのかもな。
名無しさん

夏場利用
ラウンジ内は涼しくて静かで快適
それだけ
確かに異空間的ではあったが
でもJCB以外もスポンサーラウンジはあるから興味あれば他に行けばいい
それにクラスカードのメリットは他にある
無理して持つ必要はないカード
名無しさん

結局予約しないといけないから面倒だな。
名無しさん

センチュリオンも茄子黒もクラスもコンシュルジュは確かに便利。でもディズニーとかUSJは基本あんまり使わない
名無しさん

ラウンジの存在は前から知ってた。
年間100万なら普通のサラリーマンでもいけるが、年会費が無駄だなぁ。
名無しさん

CLUB33のカードはキャストしている間一度も見た事無いくらい、レアで超VIPなカードだけどな。
AMEXセンチュリオンのチタン製カードよりレアだと思う。
JCBの提灯記事乙。
名無しさん

待ち時間をどう過ごすかもディズニーの楽しみ方の1つだと思うけど、小さな子が居るような場合は嬉しい特典ですね。
かと言って簡単に手が出せるカードじゃないけど…
名無しさん

ディズニーのこの行列が信じられない。当初日本で全然ダメだったのに洗脳の効果は怖い。日本国内にもう一つ作れば儲かるんじゃないの?
名無しさん

このカードをすでに持っていて、デイズニーに行くのならいいが、このカードを取得するまでの道のりが遠すぎる。いくらギフトカード2万もらっても、年会費5万は自分には無理。私はファストパスで十分。
名無しさん

三井住友VISAのプラチナもUSJの優先搭乗券もらえますね。
でも、そんなカードもってなくても、芸能人だと全アトラクションファストパス扱いだから、許せない。せめてファストパスの料金とってほしいと思う。
名無しさん

真夏に行かないに限るかも・・・苦笑
名無しさん

学生時代コンビニでバイトしてた時に何度か見た。ザクラスを持ってる人は殆どが茶髪で胡散臭い人が多かった。ダイナースと三井住友プラチナの人は店員にも愛想が良かったのでイメージ良かったなぁ。アメックスはまぁね。。
名無しさん

第一生命の契約者ならビックサンダーマウンテンと、シーのセンターオブジアースで同じくVIP特典受けれますよ。事前申し込みが必要ですが
名無しさん

ディズニーも使いようだと思う。
闇の側面にフォーカスすりゃゲンナリ
でも逆に
自分の心の光にフォーカスできりゃイキイキ
自分の意識次第で効能も様々だろう。
名無しさん

特典がしょぼい。
アメックスセンチュリオンのほうが、いいこと多い。
特にアメリカでは、ホテルやレストランが頼んでもないのにいろいろしてくれる
名無しさん

結局お金を持ってる人が優先されるんですね。
名無しさん

なんかこう言うのはディズニーランドにはやってほしくなかったなあ
子供に夢を見せるってコンセプトでやってるんだから
あの人はお金持ちだから特別に待たなくてもいいんだよとか説明したくない
まあ金さえあれば公平に並んでる貧乏人おしのけて横入りできるんだよ
これがお金の魔法だよも夢と言えば夢だけどw
名無しさん

ザ・クラスはカードデザインが格好良すぎる。
名無しさん

この人、いろんなとこでいろんなカード会社の提灯記事ばっか書いてるけど、そういうので稼いだお金で生きてて楽しいのかな?
カード会社にいいように利用されてるし。
名無しさん

それほど魅力ある特典でもないね。
年に一回だけなんだもん。
名無しさん

天下のJCB最上級カードの特典がそんなしょぼいんですか。。。
普通にダイナースのままでいいや。汗
名無しさん

めったに行かない場所なんかより、イオンラウンジつかえるイオンゴールドカードの方が価値があるな。
年会費無料だし。
名無しさん

ディズニー興味ない
名無しさん

増えたおかげでクラブ33が
年に1回ご招待から抽選になったけどね。
クラブ33に関しては「迎賓館」みたいな扱いだから、別に一般入れなくてもいいような気がするの。
とはいえ会員も芸能界パリピみたいなのも結構いてハイソな感じがしないけど。
名無しさん

スポンサーラウンジなんて、TDR好きなら知られていることです。
「他の家族とのバッティングはほとんどなし…」とあるが、時間帯で予約の組数が決まっていて一緒に案内されるので知らない家族とゾロゾロとエレベーターに乗って移動します。
所持したくても、invitationが来ないと入会できないので、そんなに気軽には持てません。invitationの案内も職業とかですぐ来たりするので利用料金は1つの判断基準になるだけ。
名無しさん

年間100万という利用金額は、公共料金から日々のスーパーやコンビニの支払いまで集中させればクリア可能だが、年間何万もの年会費まで払って行使するほどの権利ではないな。

名無しさん

昔は第一生命の契約者も、ビッグサンダーマウンテンを優先で乗れる券がありましたね。
ファストパスもない頃は、プレミアムな体験でした。
名無しさん

資本主義社会の縮図、知っている者や、持っている者は、お金を使い
無い者は、時間を使う 進み方の違う列をなんとも思わず並んでいる自分の子供を見ているのが辛くあまり行きたくないが、すごく喜ぶ顔を見られるので行くしかない
名無しさん

お気楽記事を書く記者は、そんなに給料が貰えるんだろうか?
しかも、年一回だけの為にカード所持の資格取るのか?
どうも東洋経済は、変な記事を毎回書いてるな。
名無しさん

クラブ33も持ってても予約取れないしなー。
ポイント還元率も低いし、もう少し頑張って欲しい。
名無しさん

ブラックだと門前払いってわけか
名無しさん

庶民のおれには年会費無料の楽天やセゾンのカードで十分。
名無しさん

長文の割には中身がなく、何の役にも立たない記事だと思います
名無しさん

株主にもそれぐらい特典つけてくれないかなぁ
名無しさん

東京ディズニーランドがオープンした日に両親に連れていって貰ったのが最初で最後でした。
ポートピアも初日、サンシャイン60も初日、つくば万博も初日、東北新幹線も開業初日、
スッゲー嫌だった。
名無しさん

このカードがあれば、クラブ33に入れるプランがありますけど…。ゴールド以上を持っていれば空港のプライベートラウンジが使えますし、海外に行くにも結構便利だと思います。JALの場合、座る席がプレミアムエコノミー以上なら、関係ありませんけどね。
名無しさん

ジャスコカードをゴールドにして
割引拡大とイオンラウンジに行ける方が庶民には有り難いぞ
名無しさん

1度だけ使わせてもらったが、最近は所持者も多くなってきてあまりメリットないカードだったから解約した。ディズニーの優遇だけに持ちたくないな。
名無しさん

このためにこれをやろう、とは思わせてくれない記事だなあ。
名無しさん

大した額ではないが、JCBは使い勝手が悪いんだよなぁ。
名無しさん

なんかケチくさいね。
還元率低い気がする。
名無しさん

その他役員以上とか年収とかいろいろありますよ。
名無しさん

JALのクリスタル以上で年2回使える、シーのビッグバンビートのラウンジもよかったよ。
でも、本当の勝ち組はクラブ33ですかね…。
名無しさん

JCBクラスカードは、本体のJCBだけで無く提携銀行も発行しています。故に、銀行の支店長や担当者に言えば、簡単に発行してもらえます。
ただし、裏面に発行先金融機関の名前が載ってしまいますが。
名無しさん

このカードを作ったところで、JCBがスポンサーのアトラクションでの話でしょ?
年に一度行くか行かないかな場所の為には必要無い。
名無しさん

ファストパスで十分、てかそもそもアトラクション目当てで行ってないから関係ないか。
名無しさん

今の東京のディズニーに、全く魅了はない。一切ない。
名無しさん

でも、JCBなんだよな。。やっぱ、黒ダイナースのがいいや。
名無しさん

そこまでして、ディズニーランド行かんわ。
名無しさん

スポンサーラウンジの利用は超VIP待遇ではない
誤解わ招く記事を書くなよ
名無しさん

ディズニーやUSJで受けられる特典は、筆者のいう「魅惑の特典」という言葉には程遠い。
費用対効果をこれだけで考えたら、こんな金額払えない。
名無しさん

ゴールドの年会費1万でも毎年高いと思ってる
俺には縁のない話やな。
名無しさん

修学旅行で1度だけディズニーに行ったけど、
1つしか乗れなかった。
福島在住だから往復だけでも相当金がかかる。
金持ちに生まれてぇ〜
名無しさん

ザ・クラスカードなんて、よほどの金持ちじゃなきゃ持てませんよ。
イオンカードみたいに、せめてゴールドカード持ってたら待遇されるようにしてもらいたい。
庶民は長い時間待ち時間するしかない。
名無しさん

年会費5万円‥‥俺の床屋代4年分です。
名無しさん

アメのプラチナの半額以下の会費で、この特典か。
アメは国内旅行には弱いな。
名無しさん

超vipな方がニモだけ優遇されてもね。
庶民では、申し込み以前にカードの本物だって見たことない。
名無しさん

やっぱカネなんだな。
名無しさん

きびしいっす
名無しさん

ディズニーの1アトラクションにそこまでの価値を見いだせない。
名無しさん

ラウンジとか優先搭乗とか、空港利用と同じ特典だ。ラウンジでは、ちょっとしたツマミがたべられそうだな。
名無しさん

金持ちのみ使用出来る
名無しさん

(^ω^)わ
名無しさん

ラウンジ招待されたことあるけど、普通だった
名無しさん

夢の国だからみんなに優しく身障者の方達などを優先にっていう考えはすごく賛成しますが、一部金持ちには優先権を与えるってガッカリです、知りたくない情報です
名無しさん

毎年100万か。うーん、なかなかだな
名無しさん

どうでもいいや
名無しさん

お金持ちと言っても利益が出やすい性格の商品を売って
儲けているだけなんだけどね。
滅茶苦茶苦労して努力したとか、そういうわけじゃないんだけどね。
特に日本の商売の場合はソレが多い。
で、金持ちはこういうのは付き合いで行くか暇つぶしに行くわけで。
今回のこれはJCBのカード利用者らしいから、
好きな人が行くんでしょうね。
定期券を毎月2万円買えばこれだけで年間24万円突破です。
携帯電話の利用料、端末代金、電気料金、航空券、宿泊費、
ガソリン、自動車保険、お中元、お歳暮やらを
クレジット課金に設定すれば100万円突破も簡単でしょう。
一部の人しか行けないレストランとかディズニーにまだあるの?
名無しさん

JCBはこの特典をオープンにするのを嫌がっている
筆者はカードで飯を食っているのにyahooのヘッドラインに出るような雑誌に書いてるのは配慮不足
名無しさん

全てのアトラクションでVIP待遇を受けられるのなら、年会費10万円のカードでも安いだろうな。
1つのアトラクションだけ優遇されても他のアトラクションが長蛇の列だと、トータルの満足度はそこまで高くならない。
この特典を目当てで一般人が無理して作るほどではない。
名無しさん

ディズニーへは家族を連れていくが一言。予約制とか面倒くさい、子連れ家族ほど予定通りに行かないものだ。電話で予約して時間を気にしながら目的の場所へ行って。。。コストと得られるサービスを比較すると、そこまで魅力的なサービスとは思えない。
名無しさん

わざわざそんなことしなくても、アナハイムのディズニー行けば各アトラクション待ち時間10分くらい長いのでも20分くらいで乗れるよ
名無しさん

そりゃぁ誰でも使えたらVIPじゃなくなるよな!(笑)
毎年100万かぁ!
生活費を全てカード決済してカード上限を10万にして普段お金をもたない生活をすればいけるかもな!
名無しさん

そーなんだ!
知らなかった、でもディズニー行かないからなぁ

ディズニーで超VIP待遇されるカードの正体(東洋経済オンライン) – Y!ニュース #Yahooニュースアプリ https://t.co/Ss2PUnKjPV

— はままつのひろひろ (@hamahirohiro) July 1, 2017

スポンサードリンク

同カテゴリ人気記事