ウィキペディアのあのデカイ寄付のお願いをなくせる・・・かもしれない方法

 最近、パソコンやスマートフォンで、ウィキペディア(Wikipedia)のページを開くと、寄付を呼びかけるメッセージをよく見かけます。スマホの場合、画面全体が呼びかけで覆われることもあります。SNS上では「気持ちは分かるけど、大きすぎる」という意見も。世界のアクセス数で見ると、アメリカに次ぐ二番目の日本。なぜ最近、寄付の募集が目立っているのか。そもそも寄付にこだわる理由は? 「日本はまだ寄付をそれほど認識していません……」。ウィキペディアを運営するアメリカの「ウィキメディア財団」に取材しました。

年に一度のキャンペーン

 ウィキペディアを使って調べ物をしようとすると、パソコン上で最近、次のようなメッセージが出るようになりました。

 〈日本の読者の皆さまへ、今日は、日本の皆さまにお知らせがあります。ウィキペディアの援助をお願いいたします。私たちは独立性を守るため、一切の広告を掲載いたしません。平均で約1500円の寄付をいただき、運営しております。援助をしてくださる読者はほんの少数です。もし、このメッセージを読んでくださった皆さまが300円を寄付してくだされば、ウィキペディアはこの先何年も発展することができます。コーヒー1杯ほどの金額です。ウィキペディアを便利に思われるなら、今後も運営を続け、さらに発展できるよう少しのお時間をください。よろしくお願いします〉

 スマホでも英語版でも、文字数や表現はやや異なりますが、ほぼ同じ内容のメッセージが出ています。そして両方とも「クレジットカード」と「PayPal」の寄付方式を案内しています。寄付額を載せたページには「300円」「1500円」「2000円」「5000円」「10000円」「その他」などと金額が選べるようになっています。

 財団によると、このお願いは年に一度、2~3週間かけて実施されるキャンペーン。今回は9月いっぱい表示される予定です。

広告に頼らず、寄付を呼びかける理由

 なぜウィキペディアはここまで寄付を重んじているのでしょうか。

 取材に対し、財団は、寄付への思いについて教えてくれました。

 財団によると、運営資金は主に個人からの寄付で、一人当たりの平均金額は15ドル(約1600円)だそうです。財団は「個人の読者からの寄付で賄っているからこそ、『真』のパブリックなものになります」と説明します。

 そして、「ウィキペディアには無料の知識を提供し続けるミッションがあります。読者への説明責任や信頼関係を維持するために、寄付が非常に重要な役割を果たしています」と訴えました。

 さらに、「広告が入れば、中立の立場が保ちにくいし、読者からの全面的な信頼を損なうことにもつながります」というボランティア編集者の意見も紹介してくれました。

目立つ寄付募集「日本は多くないから」

 ウィキペディアへのアクセス数で日本は、アメリカに次ぐ第二位ですが、日本からの寄付金額は決して多いとは言えません。

 2014年のデータによると、2014年6月期の寄付総額は5100万ドル(約60億1800万円)ですが、日本からは120万ドル(約1億4200万円)でした。わずか2%ほどしかありません。

 財団が日本の読者の意識調査をした結果によると、大部分の人は「ウィキペディアが非営利組織によるページで、主に読者からの寄付で運営している」こと自体を知っていなかったそうです。

 「読者の寄付がウィキペディアの発展にいかに重要なのかを、私たちは常に訴えている」と説明する財団。中でも日本は「寄付で成り立っていることを知らない読者がまだ多い」ということで、「私たちのミッションや非営利のスタンス、そしてウィキペディアの中立性や発展のために読者の寄付が頼りであることを、今回のキャンペーンを通して知ってもらいたかった」と目立ちすぎる表示の真意を明かしています。

 なるほど、寄付の呼びかけが少し「うるさい」理由には、寄付を呼びかけることと、ウィキペディアのスタンスを日本に宣伝すること、両方が入っているわけです。

 一方で財団は「日本の読者へのアプローチの方法は常に模索している」とも答えました。スマホなどのモバイルデバイスでの寄付表示を改善する工夫や、利用するユーザーからの寄付をより簡単・効率よくできる方法も模索しているそうです。

ということで寄付してみた

 取材をした記者の私もさっそくスマホを通して、寄付してみました。

 手順は基本的に以下の通りです。

(1)まずは寄付の金額を選択し、「すぐ寄付する」を押す。
(2)その後、名前とメールアドレスを記入し、「クレジットカード」か「PayPal」の寄付方法を選択。
(3)クレジットカードを選択した記者は、カード番号などを入力し、決定を押す。これで寄付完了。

 予想より簡単でした。

 これで終わりかと思ったら、「ありがとうございました」というページが出現。さらにその後、先ほど入力したメールアドレスにも感謝のメールも届きました。

 300円を選べば、本当にコーヒー1杯ぐらいの金額です。普段、お世話になっている人は、一度、寄付をしてみてもいいかもしれません。

参照元:ヤフーニュース
ウィキペディア「目立ちすぎる」寄付募集の理由 本家の財団に聞くと「日本では認識されていないから…」
参照先URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000002-withnews-sci

スポンサードリンク

ネットの反応


名無しさん

寄付はしてもいいが、正直クレジットカードとPayPalは使いたくない。
個人情報を第三者に提供しなくて良い方法で寄付出来る方法を考えてほしい。

名無しさん

コンビニでVプリカ買って、それで寄付すればいいじゃん。
支払い方法についてはこれで解決なんだから、支払い方法で文句言ってる人は寄付してあげなよ。

名無しさん

なぜクレジットが嫌なのかよく分からない決済方としては一番安全だと思うのだが…。最近よく分からないコメントが多い

名無しさん

paypalより安全な方法なんてあるのか

名無しさん

寄付の方法がクレジットカードとペイパルだけなのが躊躇する理由。
納得できる安心な入金方法があれば寄付します。

名無しさん

主に寄付で運営してるってことが広く知れ渡って、寄付額が増えればあの大きなメッセージがなくなるかもしれないってこと?

名無しさん

アメリカだったらこの寄付の方法は当たり前なんだけど…日本は振り込め詐欺っぽくて嫌かもね。
ただWikipediaを利用してる以上は協力したいのでプリペイドなど日本人に合わせた方法を考えてほしいと思います。
Wikipediaがなんで無料でやれるのか理解してない人多すぎ

名無しさん

入金方法を変えるだけで劇的に変わると思う。半端に余っているTポイントとか楽天ポイントで良いなら、喜んでウィキペディアに寄付したい。

名無しさん

コメ見てたら、寄付の方法で躊躇している人が多くてびっくりした。私だけじゃ無かったんだ…(ノーカード、PayPalの仕組み分からない人)コンビニ払いとかあればいいのにな。

名無しさん

クレジットカードのポイント交換に、ワクチンの寄付とかありますよね?あんな感じでWikipediaも、たまったポイントから寄付出来ればと思いますよ。

名無しさん

なんで今これを騒いているのかがわからない。
不定期か定期かはわからないけどチョイチョイ寄付募集のコメントがドーンと開く時期はいつもある。
カード系の支払いしかないのは欧米ではスタンダードかもしれないけど
日本では若干躊躇しますね。他の方のコメントで仰られているとおり
日本人に合う?寄付方法があればもっと協力者は出ると思います。

名無しさん

寄付したい気持ちはあるけど詐欺に掛からないか怖い気持ちもある。

名無しさん

普通のクレジットカードだと心配なので、auウォレットプリペイドで寄付してきました。仮に詐欺られてもチャージした額以上取られる事は無いので安心です。
ただ寄付する時に名前とメルアドを聞かれるので、希望する人には匿名で寄付出来るようにもして欲しいですね。

名無しさん

PayPalってクレジットカード番号を相手に知られるのが不安という人のために、PayPalに登録したメアドのみを知らせてPayPalアカウントを介して送金するというサービスです。PayPalアカウントにクレカを登録します。
相手にはメアドしか分かりませんので詐欺られる可能性はクレカよりとても低いですよ。

名無しさん

Wikipediaなんて大人ばかりが見てるわけじゃないし、子供だっているしね。
日本はクレジットをそんなに持たない文化だから、クレジットかPayPalっていうのは…。
コンビニ払いとかあれば、みんなやってくれると思うけど。
海外にはコンビニで支払うっていう発想がないのかな…。

名無しさん

ワンクリック詐欺かと思ってしまった。
クレジットカードはやだなぁ。
もうひとつも、よくわかんないし。
他の方法があるなら寄付するかも。

名無しさん

一度寄付すると、寄付してほしいと連絡がしつこくあると聞いた。
匿名ならたまに寄付してもいいかな?

名無しさん

振込などにも対応してくれたら、いつも利用してるので数千円くらいなら出します。
もうずっとお世話になってるし、これからもサービスを維持してもらいたいし。
他の人も書いてるけど、日本ではセキュリティや個人情報に敏感な人が多いので、選択肢を増やして欲しい。
災害時の寄付なんかは口座振込なので、そういう形であれば、小口の寄付は意外と集まると思う。
商売でやってないから、逆にその辺りのアプローチが得意なスタッフがいないのかも。

名無しさん

最近見かけるなと思ってたけど、胡散臭くて寄付する気にならなかった。

名無しさん

現金で寄付する方法があり、それが無事にウィキペディア運営本部に届くといった保証があれば、自分も寄付する気になります。
その方が寄付金が集まるかと思います。

名無しさん

だいたい似た理由で躊躇してるんだね
自分もWikiにはお世話になっているし
これからも存続して欲しいから寄付はしたい
個人情報とクレカ情報なしで出来る匿名振り込み法を起用して欲しい

名無しさん

paypalを以前買い物で利用し登録してから約4ヶ月。
いきなりFacebookから不正な引き落としがありびっくりしました。ネット検索すると結構被害にあってる人多いようで。Facebook上でpaypalを登録した訳でもないのに…無事返金はしてもらいましたが海外の入金サイトは怖いなぁと思いましたm(__)m

名無しさん

peypalはどうしても詐欺利用のイメージが強い。
セキュリティもしっかりしてるかわからないからクレジットも怖い。
普通にネットバンク各社に口座作って公開してくれれば年1雑誌1冊分くらいなら余裕で寄付するんだけど。

名無しさん

Wikipediaは知ってるけど
結局どういう団体かよくわからない海外に
クレジットカード使うの抵抗あるし
PayPalは元々使わないから敷居高い
確かに検索上位に出てくるから便利な所もあるけど
お金を取ろうと思ったらその国の行動パターンも研究しないと
ただメッセージ大きくしても支払いに対する敷居は下がらない。
むしろ怪しい団体ぽく見える

名無しさん

確かに寄付して欲しいという気持ちは十分に伝わるけど
これに限らずあんまりクドいとうっとおしい印象しか残らないのでは?
しつこ過ぎずそれでいてその気にさせるのが上手い宣伝だと思う

名無しさん

日本人は現金以外の寄付をためらう人が多い。私もそうです。イオンとか近くのスーパー、コンビニに寄付箱あったらすぐ小銭入れるんですが被災の募金箱以外置かないだろうし公平性の問題も出てくるだろうね。

名無しさん

数年前に寄付しようとしたら、名前や連絡先を聞かれたので寄付をやめちゃいました。
匿名なら寄付したい人も結構いると思うので、日本国内の銀行口座を開設してくれれば良いのに…とずっと思ってます。
一回寄付するとまたメールで催促されそうで躊躇してしまいます。wikiの中の人はみていたらぜひ寄付の選択肢を増やして欲しい。

名無しさん

日本には寄付でカードを使う習慣が少ないんだと思う。
どうしても寄付って言われると街頭での赤い羽根みたいなイメージがあるし。
でも最近あんまりそんな募金って見ない気がするな。

名無しさん

内容が間違ってる時もあるしなー。

名無しさん

そうなんだよね。
個人情報を晒さなくていい寄付ならお世話になっているし300円くらいなら寄付したいんだけど。
例えば有名コンビニに募金箱がおいてあるとか。

名無しさん

寄付はいいのよ、寄付するのは…
でもその支払い方法をもう少し幅広く受け入れてくれ。
クレジットカードは正直抵抗がある!
どんなにセキュリティが…と言われても何があるか分からない。
PayPalという方法も良いけど…ちょっとめんどい。
コンビニ備え付けの端末からとか、スマホの画面に募金金額に応じたバーコードを表示してそれをコンビニの買い物ついでに一緒に決算して貰ったり…等の簡単な方法も取り入れて!!
電子マネーやクレジットカードが今の主流なのは分かるが、個人的には現金でのやりとりをしたいので…

名無しさん

寄付の方法云々ではないと思う。
そもそも情報の信憑性という部分で、疑義が生じるから。
雑誌程度で目を通すならともかく、辞書としては機能しない。
ウィキペディア「も」見た、ならともかく、ウィキペディア「を」見た、は情報の利用方法としてアウトかな。

名無しさん

そもそもウィキの情報って、信憑性ないからなぁ。。そこに寄付する価値があるのかって思うけど、コメント見てると支払方法がクレカとかじゃなきゃするって人も多いのね。
そんなに、あの情報信じられる??
寄付が少ないのは、それなりのサイトって思ってるから、皆しないもんだと思ってたけど、支払方法変わったら本当に寄付するかなぁ。。

名無しさん

寄付自体は良いのかもしれないがひつこい。何度も出てくるとウィキペディア自体を使う気を無くす。

名無しさん

初めて見たとき詐欺広告かと思った。

名無しさん

wikiに寄付した時にアンケートに書いたけど、財政状況とか分かりやすくまとめた資料を寄付依頼画面からすぐ飛べるように貼ってほしい。「300円を全員が寄付してくれれば~」じゃなくて、「こんだけ困ってるから寄付してほしい。こっちの資料見てくれたら分かるからお願い」って言ってくれないと、金がどう流れてるのか分からず寄付しずらい。

名無しさん

「どこかの百貨店であなたのクレジットカードが使われました」とか言う電話がしょっちゅう掛かって来るという知人は、Wikiの寄付募集広告自体が詐欺じゃないかと思ってるからねえ。
期間限定じゃなくて、その広告自体を小さくしてずーっと表示した方がいいんじゃないかな。
他の方も言ってますが、余ったり端数の何たらポイントを寄付できるシステムを考えた方がいいんじゃないの?

名無しさん

クレジットカードは、ほとんど使ってない。コンビニ支払いなら良いかも。

名無しさん

初めて見た時ウィルス入ったと思った。

名無しさん

ネットで情報を調べるのは便利だが、金を出すのは嫌とかじゃなくて、単にネットで寄付金を請求=詐欺かも?っていう意識が先立ってしまい、躊躇する人が多いんだと思う。自分もそうだ。

名無しさん

多くの方が書いているけれどクレジットカード情報を外国の大きな機関に晒したくはないんだよね。携帯電話会社とかと提携すると中立性が保てないというのならクレジットカードだって同じ事です。

名無しさん

確かに最近のウィキペディアの寄付募集の
画面が目障りである
それに、今後課金するような事になっても
お金を支払ってまで見ようとは思わない
第一、ウィキペディアに記載されている
事がすべて事実とは思わないし
あくまでも参考程度にしか受け止めてない
それにウィキペディアがなくなっても
他にも検索できるスレッドはたくさんある(-_-;)

名無しさん

詐欺広告だったら危ないから敬遠するよね。
たまに寄付しているけど、お礼のメールも万が一開いたらウイルスじゃないと思うときも有るから、何にか違う方法無いのかね。

名無しさん

アメリカに比べたら少ないかもしれないが、思ったより寄付額があって驚いた。

名無しさん

wikiがあればとても便利ではあるが、なくてもそれほどは困らない。2回も表示されるし、寄付募集はやめて欲しい。

名無しさん

確かにこのメッセージも、広告バナー以上に鬱陶しい事もあるなあ、それでも寄付のやり方ももっと他にあればやってもいいけど。

名無しさん

そもそも、「中立的な立場であればまともな情報発信ができる」ということに疑いを抱いてしまいます。サイエンスやテクノロジー関連で、同サイトを利用することはあっても、書類作成で「参考文献」として利用できるほどの信憑性がありません。また、サイエンスの専門教育を受けた人間から見れば、表現や記載データおよび単位系などがIUPAC、IUPAP等の国際機関が推奨している単位系で書かれていないケースも多々みられます。推測ですが、執筆者は学卒レベルのボランティアによるものではないかと考えています(学位取得者ならばまず用いないような表現を多々見かけるため)。
 信用できないため取り合えず眺めた後、最終的には「グーグルスカラー」や「エルゼビア」で調べることになります。従って、「あるとちょっと便利だけど、寄付するだけの情報源にはなり得ない」というのが小生の印象です。

名無しさん

支払い方法をどうにかすべき。
自分はクレジットカード直接はいやで渋ってた。
今年はPayPal使えるようになって、初めて寄付した。
その他の手段は手数料が大きいのかも知れないが
せめてWebMoneyには対応して欲しい。

名無しさん

NHKの取り立てに比べたらマシだけど別の支払い方法を勘案してくれない?

名無しさん

他の方のコメント同様、支払い方法に難有りですね。
一度寄付しようとクリックして、方法を見て閉じました。

名無しさん

ウィキの情報が100%信用出来るものではないけど、何かあるとウィキで見てみようとなる。
入金方法がクレカとPaypalではちょっと怖い。
ケータイ払いとかスムーズかつ何か信頼出来る媒体を通してなら寄付をしたい。

名無しさん

wiki
とかたまに見てるから寄付してもいいけどクレカとかで寄付とか怖い
悪用とかないだろうけどそれが怖い

名無しさん

クレジットカードでと言うところが怖い
その情報が漏れたりしたら?それで悪用されたら?と考えると寄付しようとは思えない
詐欺事件がここのところ多い日本、何にしても疑ってしまうのは仕方ないことでは?
他にもやり方はいくらでもある
個人情報を晒さなくてもいいやり方をしてくれるなら、多くはできないが、寄付はしてもいいと思う
とはいえ、ウィキペディアにはほとんどお世話にはなってないので、どうするかはその時に決めるかもしれないが…

名無しさん

利用料と思って毎年寄付してます。

名無しさん

広告貼れよそれだけの問題。

名無しさん

コンビニ払いがいいっていう人結構いるけど、わざわざコンビニで寄付するかな
wiki見たときは寄付しようって思っても、
いざコンビニで支払いする時なんて絶対忘れてるでしょ
寄付のためだけにわざわざコンビニ行かないし

名無しさん

この記事に対する大量のコメントをWikipediaの担当の人が見てくれて寄付方法の改善のヒントにでもなって、次の募集の時に寄付方法が増えていればいいなと思います。

名無しさん

やめたらいい

名無しさん

寄付方法が2種類しかないのが、なんか嫌。
もっと多様化してくれたらいいのに。

名無しさん

日本語版のウィキペディアには時々いい加減な芸能人情報とかあるけど、英語版は概ね一定以上の情報の質を備えていると思います。
情報管理は決して無料で出来る事ではないという現実を、「寄付のお願い」はユーザに気づかせてくれます。
日本の大学で驚いたのは、教科書代にお金がかかる講義は不人気だという事です。私は食費を削ってでも教科書を買わなければ単位が取れない環境にいたので不思議です。塾に行くお金があるのに教科書代を惜しむなんて。ウィキペディアの寄付も日本人には奇妙に映るのかもしれません。

名無しさん

知らないとは逆に恐ろしい。まさにバーナー広告であり、新手の詐欺と思っていた。今回初めて知った。確かにカードは少なからず躊躇してしまうなぁ!

名無しさん

早い話、ウィキペディアによる集金キャンペーンの広告なわけね。
名前やメールアドレス入力なんて不要だと思うし、クレジットカードはセキュリティ面で不安。かといってウェブマネー等の電子マネーは入手するのが面倒だし。

名無しさん

寄付とは無関係だが、
ウィキペディアに絶大な信頼を寄せている人が多過ぎる。
事実を知らないボランティア編集者が
事実と異なる内容を書いている場合もあるのに・・。
簡単な内容なら他の人が編集するものの、
専門的な内容は間違えたまま。
なお、私はアカウントを作成したくないから、編集できない。

名無しさん

寄付しましたが、それでも毎回出てくるのでちょっとうんざり。
一度寄付したらしばらく出ないでくれるといいのになあと思いますが仕方ないですね。

名無しさん

最近よく見ますね。

名無しさん

Tポイント使えるなら毎年300円分の寄付するよ
今はアマゾンですらクレジットとか怖くて使えないから代引きしてるし
ネットハッカーの恐怖はどこにどうやって影響するかわからないから

名無しさん

まあ、支払い方法がカード系だと嫌がる人も多いんじゃないかと。
自分は現金派だからカードを使わんので持って無いし・・・
webmoneyとかでならゲームやらの課金の残りとかのならちょっとぐらい寄付をしてもいいかなとは思う。

名無しさん

ネットだからなー。クレジットカードが楽だけど、詐欺も多いから躊躇する。フェイクのページかもしれないし。寄付をするなら、銀行振込かな。コンビニとかで、簡単に寄付出来る仕組みが欲しいなー。

名無しさん

お世話になることも多いですが、寄付するのがリスクに感じる。

名無しさん

利用させてもらうことも多いので、寄付してます。公正に存続して欲しいから。

名無しさん

スマホの一部課金ありの無料ゲームアプリを無課金で遊び倒す人が多い日本では、寄附する人は少ないと思う。

名無しさん

個人情報をあまり晒さず簡単に寄付出来るのなら良いのだけれどね。自分ならペイジーやゆうちょ銀行振込ならやる。Paypalとクレカは勘弁。

名無しさん

これに寄付すると定期的にもっと寄付してくれってメールが届きます。それはやめてほしい。

名無しさん

いつもお世話になっているので寄付は良いのですが、クレジットカードとPayPalの寄付しかないのはちょっと不安。コンビニ決済とかもう少し色々な寄付の方法を日本向けに考えてほしい。昨年辺りかな?最初見た時はよくある詐欺かと思ってびっくりしました。

名無しさん

他の方のコメントにもあるが、日本での寄付が少ない理由を
きちんと検証していない。

名無しさん

寄付したくない訳じゃないけど、
なんかの詐欺なのかと思って怖かった。
ちゃんとした説明をなんらかの方法で行って欲しかった。

名無しさん

クレカで300円寄付した。個人情報の流出が心配なのは分かるが、どうせAmazonでクレカ使ってるなら今更〜なので気にしない。ネットを利用する以上、100%の安全はあり得ない。

名無しさん

昔は大抵の家に置いてあった百科事典、しかも結構高額。
それが今はネットで簡単にウィキペディアを使うようになりました。
責任を持ったプロの仕事でないことを差し引いてもちょっとした知りたい欲求を満たすためにお釣りがくるくらいお世話になっているのでなくなって欲しくない!
感謝の気持ちで時々クレカで寄付をしていますが特にトラブルはありません。

名無しさん

最近はその手の詐欺も横行してるし、あの寄付の広告見た時も信用できなかったというのもある。

名無しさん

詐欺じゃないかと思ってた。でも本当だったらと思うとなんか申し訳なくて、最近は使ってない。

名無しさん

寄付はペイジーならいいけどあとはNG

名無しさん

5年くらい前から月3000円を寄付しています。どこかの商業サイトと違い自動延長はされないので、レセプト見て請求あがってなければ自分で更新するってのが手間ですかね。クレカだとクレカを購入しなければならないので、手間に感じてしまいますな。携帯アカウント払いってのもいいかな。

名無しさん

日本はオレオレ詐欺とか詐欺が多い
寄付はどうも食指が伸びないね

名無しさん

振り込め詐欺かなと思って躊躇する。

名無しさん

収支内訳を確認できるサイトとかあるんですか?

名無しさん

祓わない理由を探す名人が多いw コンビニ払いだと、300円払うのに送金料の割合が高すぎとか言いそう

名無しさん

クレカ・PayPalで躊躇するということが日本社会での決済関連の閉鎖性が顕著に現れてますよね。
個人情報に敏感というよりわからないや流行でないものには触れたくないということでしょう。
携帯決済やソーシャルゲーム課金には抵抗ないのに海外からみたら不思議な社会構造でしょうね。
まだまだ現金主義な社会だなー。

名無しさん

いつも見てるので時々寄付するけど、その場合、しばらくお願いがでないようになってるのかな?そこが良くわからない。

名無しさん

普通に広告収入でやってくれよ

名無しさん

お世話に成っているので数度寄付はしたことはあるが、やはり寄付の方法がクレジットカードとPayPalだけの2種しかないということだろうね。
10~20代はクレジットカードなんてほとんどもっていないだろうし、PayPalも電子マネーでは日本ではそれほどメジャーとは言えない。「寄付はしたいが振込む手段がない・面倒」という理由も日本の情報保守姿勢も要因だろう。
もう少し日本人がなぜ寄付をしないのか、他手段を考えるよりも米国側で寄付に関する意識調査をして手段を増やしてみるのが早いだろう。

名無しさん

平均1500円かー
これを凄い寄付されていると見るか、或いは寄付している人が少ないから相対的に平均が釣り上がっていると見るか。wikiくらいの規模だとどんくらい維持費かかるんやろ

名無しさん

コンビニ払とかめんどくさくてやってられるか。クレカポイントやTポイントとかはいいかもね。

名無しさん

認識されてないのもあるけど、主に決済方法が問題だと思う。
PayPalが日本じゃあんまり普及してない上に、ウィキ運営自体がクレジットカードを利用するほど信用できる組織という認識も薄い。
手間がかかっても銀行振り込みや日本でメジャーな電子マネー決済を導入すればそれなりに増えるだろう。

名無しさん

寄付しないのではなく、他の方法ならするという方いると思いますよ。
個人情報に敏感な日本人がペイパルやクレカで簡単に寄付する事はないと思う。
ヤフーみたいにTポイントで寄付出来るようなシステムの確立が必要では?

名無しさん

wikiは殆ど使わないけど…
寄付方法も日本人には合ってないけど、寄付したお金がどのように使用されてるかの説明が書かれてないと、寄付する人は少ないのでは?
せっかく寄付したのに、使われ方が不透明だと…

名無しさん

個人的にはポイント募金はよくしてますが
ヤフーポイントとか楽天ポイントでなんとかできないのかな?

スポンサードリンク

同カテゴリ人気記事