赤字でも象印のポット見守りサービスを続ける理由に心温まる

社会貢献のため企画するも開発に苦労

 炊飯ジャーや電気ポットのメーカーである象印マホービンは2001年に、無線通信機能を備えた電気ポット「iポット(iPOT)」を開発。それを活用して高齢者見守りサービス「みまもりほっとライン」を16年にわたり提供している。同事業の担当者である川久保亮氏(グローバル業務部 特機グループ サブマネージャー)の話を基に、開発の経緯から現在の事業戦略までをまとめた。

 まず、ICTを活用して電気ポットで高齢者見守りサービスを実現した背景を聞いた。なぜ電気ポットのような、監視とは縁遠い機器で高齢者見守りサービスを実現することになったのだろうか。また、高齢者見守りサービスを開発した当時はインターネットに接続するための技術的なハードルが現在よりはるかに高かった。それをどう乗り越えたのだろうか。

みまもりほっとラインの3代目担当者である川久保氏は、初代担当者などから伝え聞く、開発当時の様子をこう話す。

「みまもりほっとラインの開発はよく知られた孤独で亡くなった事件をきっかけに始まりました。1996年4月、東京・池袋で、病気の息子さんとその看病をしていた高齢のお母さんが孤独で亡くなった事件を覚えている方も多いでしょう。その事件に心を痛めた東京の医師の方が『家庭向け機器を使い、お年寄りの日常生活を把握する方法はないか』と当社に相談され、メーカーとしてなんとかお役に立ちたいと考えたのです」

象印マホービンが製造する機器は、炊飯ジャーや電気ポットなどだが、毎日電源を入れて利用する。これらに通信機能を組み込み、遠隔から利用状況を調べれば、高齢者の生活を離れた場所からも見守ることができる。行動を把握するという目的からすれば、監視カメラが直接的だが、プライバシーが損なわれてしまう。それに対して、炊飯ジャーや電気ポットは、高齢者の側に「監視されている」という感覚が生まれにくい。

同社はサービスの実現に向け、通信機能を組み込む機器を絞り込み、最終的に炊飯ジャーと電気ポットについて実証実験を行った。

「高齢者を遠隔から見守るサービスは当時、その概念自体が一般的ではありませんでした。そこで、製品モニターの方による実証実験などを通じて実用性を入念に検証しています。その結果、電気ポットは毎朝電源を入れてお湯を沸かし、お茶を飲むために何度も給湯するなど、行動を炊飯ジャーよりきめ細かく把握できることがわかりました」

結果を受けて、電気ポットを対象に通信機能を組み込むことにしたが、最初の実証実験から実際のサービス提供までは約4年かかったという。技術的なハードルが予想以上に高かったためだ。

「当時、インターネットはありましたが、通信ケーブルを家の中に配線して電気ポットに接続する工事が必要で、お年寄りは家の中の配線工事を好みません。また、ご家族が遠隔で電気ポットの利用状況を確認するには、パソコンと専用のソフトウエアが必要でした。サービスの形は見えていながら、技術的な問題で実用化は暗礁に乗り上げました」

こうした問題の解決に要したのが上記の4年という歳月だった。まず、家の中の配線工事の問題は、無線通信技術の進歩で解決した。

「携帯電話通信事業者のNTTドコモが自動販売機の在庫管理に無線通信を利用している事例を開発担当者が見つけ、その技術を使えば家の中の工事が不要になることがわかりました。電気ポットに無線通信用の部品を入れれば済みます」(川久保氏)

また、家族が電気ポットの利用状況を確認する際にパソコンと専用のソフトウエアが必要になる問題は、携帯電話と電子メールが解決した。携帯電話がインターネットにつながるようになり、誰でも簡単に電子メールが受信できるようなったのである。

しかし、技術の進歩だけがこの見守りサービスを実現したとみるのは早計だ。より大きなカギとなったのは、開発担当者が4年にもわたってこのサービスを継続的に検討し、会社がそれをバックアップしたことだろう。ICTは進歩が速いといわれるが、無線通信技術がこれほど急速に普及するとはほとんど予想されていなかった。そうしたなか、同社が見守りサービスの開発を継続したのは注目される。

電気ポットの新しい価値として周知を徹底

 続いて川久保氏に聞いたのは、IoT電気ポットを活用した高齢者見守りサービスの事業戦略である。高齢者見守りサービス自体がほとんど知られていないときにどのように有償の事業であるこのサービスの契約数を増やしたのか。また、契約数は順調に増えたのだろうか。

 象印マホービンが初代の通信機能付き電気ポットで、高齢者見守りサービスを開始したのは2001年3月21日のことだ。無線通信と電子メールを活用したため、利用者は電気ポットが届いたその日から見守りを開始できる。サービスは、通信機能付き電気ポットのレンタル料金と無線通信費用を含んで月額3000円で提供された。

見守られる側のお年寄りは通信機能を装備した電気ポットを普通に利用するだけでよい。見守る側の家族は「電源オン」「給湯」といったポットの利用状況を、1日に2回、登録したメールアドレスにメールで受信できる。

「実証実験のころから、多くのお年寄りはかなり規則正しく生活していることがわかっていました。家にいれば、同じような時間に電源を入れてお湯を沸かし、一定の間隔でお茶を飲んでいます。ご家族は電子メールでこの状況を見守ることができるうえ、お年寄りも、給湯するたびに家族に自分の行動を知らせていると意識できます」

サービスを開始してからの最大の問題は、この事業の価値を周知することだった。高齢者を遠隔から見守るというだけでも革新的だったが、それが電気ポットという日常生活で使う機器で実現した点はさらに革新的である。そのため、「今では考えられないような宣伝費用」をかけたと川久保氏は振り返る。

さまざまなメディアに広告を掲載したほか、記者会見を開いて新聞やテレビにニュースとして取り上げてもらった。ゼロからのスタートであり、契約数は当然のことながら右肩上がりで伸びた。サービス開始以降もテレビなどで報道されると一段と契約が増えるという状態だった。

利用者の評判も良かった。「大事に至る前に入院できた」「風邪を引いていることがわかった」という事例が多数あるという。一方、残念なことではあるが、ポットの使用が12時間ほどないため、家族が見に行ったところ、親御さんが亡くなっていたということもある。しかしその際には「ポットがあったからすぐにわかったという言葉を利用者からいただきました」と川久保氏は話す。

意外な効用は、利用者の家族意識を高めたことだ。見守られる高齢者は給湯するとき「行動が子どもに伝わる」ことを意識するほか、見守る家族はポットの利用状況に関するメールを見て「親が外出から帰宅したので、電話してみよう」と考えることがあるという。電気ポットがコミュニケーションを促す手段になっているともいえる。

また、同社は、通信技術の進歩に合わせて電気ポットを第2世代の機器に変更したときに「おでかけ」ボタンという新機能を追加した。「電源オン」と「給湯」の情報をメールで知らせるだけだと、ポットの利用がなかったとき、外出で利用していないのか、体調不良で利用していないのかの区別が難しい。そこで外出時は利用者に「おでかけ」ボタンを押してもらうことで、元気に外出していることが明示的にわかるようにした。外出から帰宅して給湯のロック解除やお湯の再沸騰をした場合や、「おでかけ」ボタンを再度押したときには、「帰宅」であると知らせる。

社会貢献であっても契約数の増加は重要

 しかし16年間、このサービスが順調に契約数を増やしてきたわけではない。開始当初は月に3~4回、現在でも月に1回は放送するテレビコマーシャルの後は新規契約が増えるのだが、一方で解約もある。多くは、他の見守りサービスへの乗り換えというより、見守った高齢者の逝去・入院・家族との同居といった必然的な状況変化が原因だ。解約数を上回る新規契約を得るには継続的な周知が欠かせない。

 「前任者のときは最大で4000件超の有効契約がありましたが2011年の東日本大震災を契機に減少に転じました。家族がいっしょに暮らそうとする動きがあったほか、節電意識が電気ポットの利用度低下に向かったことが原因だと考えています。しばらく年150件程度純減の年が続き、2016年には契約数が3000件台前半になりました。私は3代目の担当者になって4年目ですが、最初の3年は辛い時期でした」

みまもりほっとラインは事業を単体では評価していないため、厳密な評価ではないとしながらも「3000件台前半だと、単体では赤字だと考えています」と川久保氏は語る。社会貢献をきっかけに始まったサービスだけに、収益だけで事業継続を判断するわけではないが、赤字が拡大し続けると、サービスの提供に影響が出る可能性は高まる。「私のミッションは、契約数をプラスにし続けること。それが今のみまもりほっとラインのKPI(重要業績評価指標)なのだと考えています」(同)という。

IoTの先駆者であり、競合となる家庭内の見守りサービスがまだなかった時代から継続している象印マホービンのみまもりほっとラインであっても、その価値を、必要とする人たちに周知し続けないと契約数は漸減してしまう。このことからも、IoTを事業化する際に、その価値を周知することの重要性は痛感できる。

一方で、象印マホービンにIoTの先端を走ろうという気負いはほとんどない。「『IoT』をやらなければならないという認識は会社にありません」と川久保氏は話す。IoTに関する事業を先んじて実現したとはいえ、事業価値の創出に、たまたまICTが役立ったという肩の力の抜け方だ。

今後も同社は、利用者のことを第一に考えてこのサービスを拡張していく。

「さらに新しい世代の通信モジュールの提案も通信機メーカーからいただいており、3代目のiポットもいつか出すことになるでしょう。2代目ではおでかけ機能を入れました。3代目ではどんな機能が利用者に役立つか、頭をひねっているところです」

参照元:ヤフーニュース
象印の「ポット見守り」サービスが16年続く理由
参照先URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170729-00010000-nkbizgate-bus_all

スポンサードリンク

ネットの反応

名無しさん

事業として利益を出すのが難しいのなら、
こういうところにこそ税金で補助してあげれば良いと思う。
名無しさん

素晴らしき意義
名無しさん

これからどんどん進む高齢化社会の中、こう言ったシステムや、サービスはAIならではの大切なものだと思う。高齢者をサポートする人間は少子化で少ないし、外国人を雇用してもやはりつきまとう問題もありで、元気な若い世代も、軽視せずもっとしっかり世の中の状況に向き合うべきだと思います。介護や老人の対応って自身がやってみないとわからない苦労は沢山あると思うので。
名無しさん

象印はステンレス製の保温、保冷ボトルがあるのに魔法瓶を少量ながら作り続けている
理由はステンレス製より保冷保温の能力が高く
長時間入れておいても金属による味の変化が無いから未だに買っていく人が少なからず居るかららしい
昔に比べ売り上げは減ったけど買ってくれる人が居るから続けているって言ってたしこれは見守りポットと同じでお客さんの方を向いて商売してくれている良い会社だなぁと思った
名無しさん

こういうの見ると老舗メーカーとぽっと出の新興メーカーの違いがよくわかる。
今のご時世、後者が利益を貪る傾向にあるけど、消費者も目先以外の広い視野を持たねばならない。
名無しさん

進んだ技術なのに、血の通ったというかちょっと暖かい印象を受けた
至る所に監視カメラがあったり、SNSで勝手に友達見つけてこられたり
「繋がり」ってのが鬱陶しい事の方が多いんで
名無しさん

i-pot登場時は携帯電話を持ちたがらない年寄りが多かった。
いまでは携帯電話を持って当たり前の時代に。
年寄りといえどアクティブに出かける人も多く、常時保温する電気ポットは敬遠され電気ケトルの時代に。
開発当時はさりげなく見守るツールとして最適で、メールや通話の操作をしなくても自動的に送信されるポットは画期的だったけれど・・・普段持ち歩く携帯電話とは別に月額三千円。
格安スマホ時代のいま、厳しい事業ではあると思う。
解約の理由も悲しいのが多くて切なくなるんだよね。
多くの場合は一人暮らしがままならなくなったか、旅立ったということなので。
名無しさん

当時のTVコマーシャルを知っています。そんな事ができる時代なんだ凄いなと思ったのも覚えています。
私はお茶を飲む習慣がない50代女性です。先々、毎日お湯を沸かす事がない年寄りが多くなりそうな気がします。
それでもこういった社会貢献度が高い事業は始めたらなかなかやめられないでしょうから、頑張ってほしいです。
名無しさん

コストではなく社会的意義を大切にするところに象印の本気を感じます。
名無しさん

こういう企業、素晴らしい。これからもポットは象印を買いたい。今はまだ必要ないので見守り機能付きポットは買ってないけど、必要な時期が来たら絶対欲しいと思っていた商品。どうかこれからも続けて欲しいです。
名無しさん

このサービス知ってる。赤字とは知らなかった。
名無しさん

利益にならないし逆に赤字だったりするし、ニュースにもならないから会社イメージとかにも関係ないけど、社会的にやっている事業って大手企業では結構多いです。もっと知って欲しいと思うけど逆に売名と言われてしまうので、こういうのは難しいところ。
名無しさん

象印はパナソニックほどの巨大企業じゃないけど、なんか高品質ってイメージを感じます。
名無しさん

高齢者・健康サービスを安易に収益事業として飛びつき、その事業の深さと研鑽の大切さにすぐにコスト割れを危惧して撤退した企業が多い中、継続事業としてしっかりと運営されている姿、頭が下がります。
簡単な生活習慣をとらえて人の安全を見守る、これからも研鑽を重ねて次のステップに進んでください!
名無しさん

こういう企業に頑張って欲しいし、大事にしていかなきゃいけないのにね。
利益重視で、安全性とかないがしろにしてる企業が多い中、ここは地道に頑張ってるよなー。
名無しさん

社会的意義のある商品ですね。
ドアの開閉などでも検知できたら良さそうだと思いました。
名無しさん

素晴らしい企業理念だと思います。
見守りサービスの必要でない方にもこの様なメーカーが評価されればいいと思います。
象印製品が買われサービスを継続できるのであれば少しは社会貢献できるかな。
名無しさん

赤字は辛いと思いますが、父母と子の絆を見守る暖かい企業というイメージは得られると思います。
名無しさん

きっと、利用者の利用時間帯なんかは、ビックデーターとかにして
製品開発や企画に利用してるから、赤字でもアンケート代とかとして
処理できてるのではー?
でも、老々介護時代には、ありがたいはず。
名無しさん

普段のままの生活をする中で、必要な事が達成されている事が素晴らしい。そのため、誰も肩に力を入れる事がないので長続きする。このような発想が今後も重要です。Simpleisthebestwaytoachievethegoalandissustainable.
名無しさん

広告 全然見たことないよーーー
名無しさん

昔、見守りポットをCMで見たときに、もっと知りたくて象印のホームページでちょっと調べてみたけど、販売価格はいくらなのか、毎月いくらかかるのか、どこで買えるのかがわからず、本気で売っているようには思えなかった。今はエアコンも数千円出せば無線LANの通信ユニットがついて、メールで電源の入り切りができる。分かりやすくシンプルで安価ではなかったことが失敗の要因では。
名無しさん

社会的に意義があるのはもちろんだけど、インターホンでトップのあの会社とともに、某企業の某製品の商標権行使の濫用に先んじて歯止めとなっていたことも評価されるべき。
名無しさん

こういったシステムは、この時代、また、これからは、1企業の負担ではなく、ITで網羅的に同様のことが可能となるのではないでしょうか?
例えば、電気やガスのメーターのデータを監視して、使用パターンの異常を検知した時に親族や福祉担当部門・事業所に連絡がいき、速やかに訪問確認ができるようにするとか。そうすると孤独死も避けることができたりするのでは?と思ったりします。もし有効なら、公共的な財源を投入することもありのように思います。
名無しさん

ブレてなくていいと思う。。
名無しさん

これのほうがipodより発売が早かったはず
名無しさん

養殖マグロもそうでしたね。基礎研究は赤字は当たり前でここからノーベル賞級の研究が生まれる事がある。研究費削減二位じゃダメなんだと思います。
名無しさん

目だ立たないけどいい仕事していますね。
名無しさん

この事業価値は赤字でも誇っていいと思う
名無しさん

言うのは簡単だけど、実践できるのがすごい。
愛される会社、信頼できる会社は永く続いてほしい。
水筒、ポット、炊飯器を買うなら象印買おうかなと思う。
名無しさん

「ポットはこういったもの」という認識があるから、余計な機能が追加されて高齢者が遠ざかるという事にならないのは良いですね
これが、既に機能が多過ぎるテレビなどにこういった機能を持たせても成功してないでしょうね…
名無しさん

どの企業もこの姿勢を見習って欲しい
名無しさん

案外。自社ブランドに対する評価は控え目?という印象
ですね。当該事業の社会変化を捉えた先進性、を抜き?
にしても。無人で起動も有り得る、加熱調理器具?なる
カテゴリを席捲する企業ブランドの高さはかなりのモノ。
通信技術の変革には貪欲に対応しても良さそうな。
名無しさん

自分の親は今は元気で携帯を持ちつつ外出などもしているが、いずれ足腰が衰えたり何かあれば家の中にいるばかりの暮らしになる気がする。
その時は象印さんのこのポットにお世話になろうと決めていた。
企業として苦しい部分も勿論あるだろうが、ぜひ続けていただきたい。頑張って下さい。
名無しさん

子供がこれ買ってくれて、「これで簡単な安否確認にもなるし」とか言われたら、喜ばない親はいないと思う。お茶やコーヒー淹れるたびに、ちょっと嬉しくなるよね。
名無しさん

何気なく書いてあるけど、親御さんが亡くなって12時間で気が付く事ができた家族は本当にこのサービスに感謝していると思う。
無ければ、1週間。下手したら数週間分からなかったかも知れない。
名無しさん

知らなかった。次は象印にする。
名無しさん

IoTの先駆例だよね。こういう方面で日本企業には活躍して欲しいし、ここから考えられることがたくさんある。
たとえば記事にない話で言えば、いま急須のない家庭が増えていることと日本茶業界の問題など。ポット一つの問題ではおさまらないね。
名無しさん

私の実家はポットは使わないので、何か毎日使う他の物でわかればいいんですが。色々なメーカーがこういう物を作ってくれるとありがたいです。
名無しさん

これって変な合唱団と父兄参観のCMのやつ?
肝心の商品は記憶に残らなかった。
名無しさん

私の祖母これ使ってます。
一緒に住んでた叔父が亡くなって一人で住むことになった祖母が心配だし耳も遠いから電話にも出ないことが多くて、携帯も持ってないし
なのでこのポットは本当に便利だし助かってます。
名無しさん

赤字って事は、言うほどニーズないんじゃないの?
俺は関係ないから、素晴らしい社会貢献だなんつって評価するけど、株主だったら怒る人もいるんだろうな。
名無しさん

今の技術ならarduinoと無線LANもしくはモバイルルーターで作れそうだな。
わざわざポットにしなくてもセンサー使えばお風呂とかコンロとか扉の開閉からデータ得られたら行動パターン蓄積をできれば、どこで倒れてるとかわかるだろうし
名無しさん

こういう利益の上がらない事業を、ちゃんと長く続けていくのは大変なことだと思います。この企業の姿勢が、あらわれていると思います。
この企業の製品を買おうと思う。
名無しさん

子「あれ?信号がない!?なにかあったのか?」
親「忘れたのかい?今日は墓参り~」というCM知らない人多いんでしょうね
名無しさん

コンピュータおばあちゃん
名無しさん

他に費用も手間もかからない方法あるのでは?
努力する象印さんにこういうのもなんだけど・・・
例えば電気をスマートメーターに替える(これは無料でできる)
そして電気の使用具合を家族がネット上でチェックする
タイムラグが少し(自分の契約している所は2時間くらいのラグがある)はあるけど、ポット使用による見守りもそれほど正確に利用者の状況把握できる訳じゃないよね。
他にも方法あると思うし、これからも新しいのが出てくると思うけどね。
名無しさん

電波でピピピ♪のCMですね。
今だったら色々出来る方法があるんじゃないかな?
電化製品+安否確認システムは進めるべきだと思います。
名無しさん

公的助成が有ってしかるべきでは?
名無しさん

動物奇想天外のCMで流れてたの覚えているなぁ。
今考えたらIoTみたいな物だよね。
でも、当時はあのCMの、
電波がピピピ。東京の息子にメールが届く。母さん今朝から押してないー。忘れたのかい、今日は墓参りー。
がよくわからなかったけど、墓参りに来てほしいからわざと押さなかったって事だよね。
名無しさん

素晴らしい発案。またそれを赤字でも継続されているのは頭が下がります。
しかし、私も一人暮らしの母がいる身として、以前に検討はしましたが、実家の母も最近は電気ポットは使用せずケトルのみと聞き止めました。
違う形で新しい物を開発頂ければと思います。
名無しさん

「母さん朝から押してない~」「忘れたのかい。今日は墓参り~」ってCM思い出した。画期的な商品だと思った。
名無しさん

これ水道メーターに機能をつけた方が効果的なのでは?
名無しさん

象印って素晴らしい理念の会社だと思う。
アメリカで使えるしっかりした炊飯器やパン焼き器は象印だけしか作っていないので、本当に助かりました。
帰国しても象印推しです。
名無しさん

テレビとか蛍光灯とか冷蔵庫で同じサービスをすれば、確実性も上がるから利用者が増えるかもね
名無しさん

今さらながらいいアイデア
カメラはやりすぎの感があるのでポットを使ったかどうかで
行動の異変が分かるのでこれくらいがちょうどいい
しばらくポットが押されていないと電話をするきっかけにもなる
名無しさん

誰にでも…
やがてやってくる老い
そして核家族化が進む
現在においての
1人暮らしによる
孤独死など…
離れて住む家族や
色々な事情で単身で
働かなくてはいけない事情
何気ない家電で
離れた肉親の安否が
毎日確認出来るだけでも
安心に繋がる
高齢化の進む日本で
手軽な電気機器を使って
より多くの安心や絆が
繋がると良いですね
名無しさん

高齢者ではないが、私は病気持ちなので、万が一の時に遠方の家族が気付くと助かる。Wi-Fi使うタイプはできないかな?
名無しさん

「京都の母から電波がピピピ」ってCM、味があって好きだった
名無しさん

この手の事業、おそらく行政のほうで統括はしてないんでしょう。アイディアに特筆すべきものがあってもガラパコス化にならざるを得ない。
名無しさん

離れて住む母、認知症なので助かっています。
「給湯」すると、安心します。
今後も続けて下さい!
名無しさん

トイレやテレビでも見守りサービスやって欲しい。
名無しさん

こういうの好き。仕組みもふむふむと読んでいてワクワクするものであった。
名無しさん

この商品サービスのCM好きだな。
名無しさん

企業は、トータル的に黒字ならこのくらいはしますよ。イメージが良くなり他の商品も売れますから。問題はトータル的に赤字になった時で何であのときになぜ赤字の事業をやめなかったのかという事になるんだよね。
名無しさん

本当に社会の役に立つ事って儲からないですよね。人を便利にする事はとても儲かるのに。次、関連製品を買う時は象印にします。それくらいしかできないけど。
名無しさん

企業は社会の器ということか
利益を上げるところではしっかり利益を上げる一方で
社会貢献すべきところは利益確保が難しくても容易に撤退しない
しかし視点を変えてな見ると
社員はこういう会社の姿勢にロイヤリティを感じるし
こういう会社で働き続けたいと思うので決してマイナスではない
名無しさん

象印すげえ
うちも象印だが次もそうします

twitterの反応

象印の「ポット見守り」サービスが16年続く理由 (日経BizGate) https://t.co/dCV3HLv4Lh https://t.co/4aQmB3yJ8P

— yurui.yomu (@yuruiyomu) July 29, 2017

スポンサードリンク

同カテゴリ人気記事